『バイオハザードダムネーション』を3D で製作開始!

映画・テレビ
カプコン × ソニー・ピクチャーズ 共同製作
「バイオハザード」シリーズのフルCG長編映画 続編
『バイオハザードダムネーション』を3D で製作開始!

カプコンとソニー・ピクチャーズ エンタテインメントは、「バイオハザード」シリーズのフルCG 長編アニメーション『biohazard: Degeneration(バイオハザード ディジェネレーション)』の続編となる『biohazard: Damnation(バイオハザード ダムネーション)』の製作開始を発表。
カプコン公式サイト:http://www.capcom.co.jp
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント:http://sonypictures.jp

前作の『バイオハザード ディジェネレーション』は、国内3 館において2 週間限定の公開にもかかわらず、興行収入が4,000 万円を突破するとともに、同作品のDVD およびBlu-ray が全世界で累計160 万本以上を出荷するなど、国内はもとより全世界で大反響を呼んだ。
これを受け、カプコンとSPEJ が再び協力し、フルCG 長編アニメーションの続編を製作することを決定。

「バイオハザード」シリーズは、家庭用ゲームで1996 年に初回作を発売以降、サバイバルホラーというジャンルを確立し、これまでに全世界で累計 4,400 万本以上を出荷するなど、多くのファンを魅了する有力コンテンツだ。

記憶に新しい2009 年には『バイオハザード5』を発売し、シリーズ最高の全世界累計540 万本を販売。「バイオハザード」シリーズはゲームに留まらず、同タイトルを題材にした実写映画『バイオハザード』はシリーズ3 作品で全世界合計3.8 億ドルの興行収入を記録する大ヒット映画となっている。

また、9 月10 日(金)より全世界同時公開されているシリーズ4 作目実写映画『バイオハザードIV アフターライフ』は、国内に加え、北米他で初週末興行成績1 位を獲得するなど、ジャンルを越え、高い支持と評価を得ている。

『biohazard: Damnation(バイオハザード ダムネーション)』のメインキャラクターは前作同様にレオン・S ケネディであり、2012 年公開に向け、3D 劇場用映画として、鋭意製作中とのことだ。


同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
ネットフリックスがトム・ハーディー主演シールズ映画「ウォー・パーティー」の製作・配給権を獲得
米ケーブルテレビ運営最大手のコムキャスト社が、元ST6所属経験を持つトップの交代人事を発表
ST6創設期メンバーの素顔が曝され、ヒストリーチャンネルのドキュメンタリー映像に苛立つ元隊員
2019年公開予定、香港発のSFアクション映画『明日戰記 Warriors of Future』
米CBS放送が異例の巨費を投じて海軍特殊部隊ST6を題材としたパイロット版ドラマの撮影を開始
特殊部隊を精力的に追い掛けた女性戦場記者アレックス・クアード氏のドキュメンタリー映画『Danger Close』
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 ネットフリックスがトム・ハーディー主演シールズ映画「ウォー・パーティー」の製作・配給権を獲得 (2017-03-27 15:35)
 米ケーブルテレビ運営最大手のコムキャスト社が、元ST6所属経験を持つトップの交代人事を発表 (2017-03-21 17:07)
 ST6創設期メンバーの素顔が曝され、ヒストリーチャンネルのドキュメンタリー映像に苛立つ元隊員 (2017-03-21 15:14)
 2019年公開予定、香港発のSFアクション映画『明日戰記 Warriors of Future』 (2017-03-21 12:55)
 米CBS放送が異例の巨費を投じて海軍特殊部隊ST6を題材としたパイロット版ドラマの撮影を開始 (2017-03-17 11:55)
 特殊部隊を精力的に追い掛けた女性戦場記者アレックス・クアード氏のドキュメンタリー映画『Danger Close』 (2017-03-17 11:15)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop