統合幕僚監部発表、ロシア機の太平洋における飛行について

国内軍事関連
統合幕僚監部は14日、ロシア機の太平洋における飛行について発表を行った。

統合幕僚監部:
http://www.mod.go.jp/jso/

統合幕僚監部の発表によると、12月14日(火)未明、ロシア国籍で戦略爆撃機としても活用される2機のTU-95(ツポレフ95)型が太平洋上を飛行していることを確認。航空自衛隊の戦闘機等をスクランブル(緊急発進)することで対応したとしている。

統合幕僚監部によると、2010年度上半期におけるスクランブル回数は186回であると発表を行っており、昨年同期とくらべて40回の増加がみられる。国籍別でみた場合、その大半となる149回がロシア国籍となり、昨年同期が84回であったことからも、ロシアの動きが活発となっていることが確認できる。

11月1日には、ロシアのメドベージェフ大統領がソ連時代を通じても初めて、ロシア国家元首として北方領土・国後島の地に降り立った。また、12月13日に今度はシュワロフ第1副首相が、国後島と択捉島を訪れるなど、ロシアによる北方領土への実効支配が着実に侵攻している。


※写真:航空自衛隊撮影

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
    田村装備開発「CQC(近接格闘) & フラッシュライトを使用した護身術」講座レポート
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定
    米国製止血帯「SAMターニケットXT」が自主回収。日本で販売された全製品が対象
    『AASAM 2018』国際マッチグループで陸上自衛隊チームが総合3位に。1位はインドネシアチーム
    オーストラリア陸軍主催の国際射撃競技会『AASAM』スナイパー競技部門で陸上自衛隊チームが優勝
    同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
     田村装備開発「CQC(近接格闘) & フラッシュライトを使用した護身術」講座レポート (2018-06-08 14:30)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定 (2018-05-18 19:01)
     米国製止血帯「SAMターニケットXT」が自主回収。日本で販売された全製品が対象 (2018-05-18 18:23)
     『AASAM 2018』国際マッチグループで陸上自衛隊チームが総合3位に。1位はインドネシアチーム (2018-05-10 17:23)
     オーストラリア陸軍主催の国際射撃競技会『AASAM』スナイパー競技部門で陸上自衛隊チームが優勝 (2018-05-07 10:34)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop