NEWS

米軍、国防費の見直し計画を発表

海外軍事
米国ゲーツ国防長官は6日、2012年度会計からの5年間において総額約6兆5,000億円にものぼる国防費の見直し計画を発表した。

米軍全体として切り詰め予算の実施をおこなう中、注目が集まるのは無人機(UAV:Unmanned Aerial Vehicles)システムに対する意欲的な姿勢とF-35開発情勢の今後についてとなる。

とりわけ空軍では、無人攻撃機リーパー(Reaper)の調達については一過性の予算からの脱却を図り「基本予算」としての確立を目指す方針が明らかになっており、次世代の位置付けにある無人機への米軍の積極的な姿勢がうかがえる。
また、ELV(Expendable Launch Vehicle:使い捨て型ロケット)の改良や、搭載レーダーの近代化実施などF-15イーグルの運用とその継続についても触れている。

予算の削減を強いられる一方で、長距離における核搭載を可能とする爆弾への積極的な開発を惜しまないことも特筆すべき点である。無人航空機の開発に実績を積んできた米軍は、今後ステルス性をも兼ね揃えた長距離爆撃機としての運用を目指すことになるようだ。

また、日本のF-X選定でも注目の集まるF-35についてゲーツ国防長官はF-35 JSF計画の再構築を言及している。これは空軍と海軍仕様の継続を進める一方で、米海兵隊での導入が予定されているSTOVL(Short Take Off and Vertical Landing:短距離離陸・垂直着陸)タイプについてはテスト段階で重大な問題を抱えていることが報告されていることが起因している。このことは昨年来DoD(Department of Defense:米国防総省)やDAB(Defense Acquisition Board:国防調達委員会)でも議題に上っていたものである。

そして今回のゲーツ国防長官の発表では、海兵隊向けのSTOVL仕様については今後2年間のテスト運用の中で完成が見出せない場合は開発の打ち切りを言及している。

いずれにしても今回発表された計画がそのまま実行されるかどうかは、米議会での承認などの流れがあることからも、方針全体の軌道修正の可能性も含まれている。


参考記事:
http://www.defense.gov//News/NewsArticle.aspx?ID=62351
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110107-OYT1T00589.htm


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop