NEWS

スウェーデン発、SEAL用 水中潜入特殊ボート公開

海外軍事
水中戦システムの開発を得意とするスウェーデン DCE AB(Defense Consulting Europe AB)が、海軍特殊部隊SEALを水面下で密かに移送するための特殊ボート、その名も「The SEAL Carrier」を公開した。

Image: Defense Consulting Europe AB
「SEAL Carrier」は、既にスウェーデン海軍で運用中とのことで、通常のボートのような水面での移送はもちろんのこと、水面ぎりぎりの浸水状態での航行や、潜水艦のような水中での航行も可能となっている。

SEAL Carrierの基本設計においては、船内は横2名×3列となり、合計6名のスイムウェアーを着用したSEALの戦闘要員やEOD隊員の移送を可能としている。ディーゼルエンジンを動力とした際には、水面上を最大で30ノットオーバーで航行を可能とし、にわかに浸水した状態では5ノット程度、完全に船体が浸水した状態では4ノット程度、水深15mまで潜水した状態では3ノットでの航行を可能としている。

また、敵地周辺などで騒音やサーマルなどによって、気付かれぬよう近付くことを想定し、電気駆動による推進モードへとスイッチによる切り替えが可能となっている。

敵地への上陸作戦などにおいては、事前に海からの特殊部隊の潜入をおこなうため、こうした移動手段が欠かせない。

米軍の大型の特殊原子力潜水艦では、小型潜水艇ASDS(Advanced SEAL Delivery System)やドライデッキ・シェルターを搭載することも可能としている。また、オハイオ級の原子力潜水艦ミシガン(SSGN-727)では、大規模な地上戦闘の可能性が低下する中で、従来より保有していた弾道ミサイル発射筒のスペースを改良するなどで、米海軍特殊部隊SEALsの母艦としての役割を併せ持った仕様へと変化し、ミサイルによる攻撃と併行して、SDV(SEAL Delivery Vehicle:SEAL輸送潜水艇)による急襲の実施が可能な体制がとられている。


参考記事:
http://www.theseal.se/
http://www.janes.com/articles/Janes-Underwater-Warfare-Systems/Defence-Consulting-Europe-AB-Sweden.html
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110110/stt11011016460126-n2.htm
http://www.tv-tokyo.co.jp/hidakayoshiki/bn_20101017.html
http://www.navy.mil/navydata/cno/n87/usw/issue_31/underwater.html


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop