NEWS

英国特殊部隊SASが化学兵器の押収を目的にリビアに潜伏か。

海外軍事
英国Daily Telegraphによると、混迷が深まるリビア情勢を受けて、英国政府はリビア在住英国人の避難監視を目的に、2月24日、英国陸軍特殊空挺部隊SAS(Special Air Service)の派遣要請をおこなったとしている。SASは、石油産業に関連する労働者の保護を目的とし、民間警備会社へのサポートとアドバイスを提供しているとも報じられている。

また同紙では、米国筋の情報に基づくものとして、リビア国内の3箇所に点在し備蓄しているとされるマスタードガスやサリンなど、化学兵器10トンの存在についても触れている。今回のリビアでのSASの展開にあたっては、これら猛毒の化学兵器を押収することが目されている。


参考記事:
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_date2&k=2011030200805
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/africaandindianocean/libya/8346608/Libya-SAS-drafted-in-to-rescue-hundreds-of-Britons.html
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/africaandindianocean/libya/8355955/Libya-SAS-ready-to-seize-Col-Gaddafis-stores-of-mustard-gas.html

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    台湾が台北航空宇宙&防衛技術展で9x19mmの国産サブマシンガン「XT107」を展示
    米海兵隊がM4カービンからのリプレイスを企図し、M27 IAR×5万挺余りの追加調達を計画
    シグ社・P320の落下時の安全性を向上させる自主アップデートプログラムを提供開始
    香港の大手エアソフト販売業者にNPOAEG製エアガン「AK-12」が再入荷
    米海軍特殊部隊SEAL初の女性志願者が評価・選抜プログラムの中で脱落
    英陸軍特殊部隊SASがシリア北部に潜むダーイシュ(IS)幹部を狙った襲撃作戦に初めて「ウィングスーツ」を投入か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     台湾が台北航空宇宙&防衛技術展で9x19mmの国産サブマシンガン「XT107」を展示 (2017-08-23 12:19)
     米海兵隊がM4カービンからのリプレイスを企図し、M27 IAR×5万挺余りの追加調達を計画 (2017-08-22 13:50)
     シグ社・P320の落下時の安全性を向上させる自主アップデートプログラムを提供開始 (2017-08-21 21:53)
     香港の大手エアソフト販売業者にNPOAEG製エアガン「AK-12」が再入荷 (2017-08-21 21:20)
     米海軍特殊部隊SEAL初の女性志願者が評価・選抜プログラムの中で脱落 (2017-08-21 15:35)
     英陸軍特殊部隊SASがシリア北部に潜むダーイシュ(IS)幹部を狙った襲撃作戦に初めて「ウィングスーツ」を投入か (2017-08-21 11:59)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop