NEWS

RQ-4グローバルホーク、最長距離飛行記録をギネス認定へ

海外軍事
Northrop Grumman Corp. は4日、無人偵察機 RQ-4 Global Hawk が 米国 Edwards AFB (Air Force Base:空軍基地) からオーストラリアの RAAFB(Royal Australia Air Force Base:オーストラリア空軍基地) Edinburgh までノンストップで実施した自力飛行について、「無人の航空機による最長距離飛行記録」としてギネスブックの認定を受けたと発表した。

1998年2月28日の初飛行以来、大型無人偵察機の確固たる地位を築いた偉大な記録の1つといえる。

グローバル・ホークは、現在運用中の無人機の中でも最大の機体を持ち、高度20Kmの上空から30cm四方の物体の識別ができるほどに高い識別能力を持つといわれている。日本では、さきの東日本大震災の際に、福島第一原発の事故状況を調査する為に、グローバルホークが派遣された。

なお、今回の飛行先となったオーストラリアでは 2009 年版国防白書で、HALE (High Altitude Long Endurance) UAV×7 機の調達を決めているが、まだ具体的な動きはない。


※地図中のRQ-4 Global Hawk はイメージとしての挿入となり、本文と無関係の機体です。

(C)2011 Google - (C)2011 Europa Technologies, GBRMPA, Google, Whereis(R), Sensis Pty Ltd
U.S. Air Force photo/Greg L. Davis


参考記事:
http://www.irconnect.com/noc/press/pages/news_releases.html?d=217712
http://www.airforce.gov.au/bases/edinburgh.aspx


過去の「RQ-4 Global Hawk」関連記事:
防衛省、グローバルホーク導入を検討―中国、北朝鮮の監視強化へ


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop