NEWS

英軍特殊部隊SASが人材確保の危機に

海外軍事
Daily Telegraph 紙が、リークされた Richard Dennis 准将から陸軍参謀総長の Peter Wall 大将に宛てて送られた書簡をソースとして、「英陸軍の特殊作戦部隊 SAS (Special Air Service:英国陸軍特殊空挺部隊) が人材確保の危機に直面している」と報じている。

その理由としては、SAS に対する作戦要請が増え、部隊の運用頻度が高くなった事が挙げらるとしている。育成に手間ヒマの掛かる特殊部隊員だけに、選抜訓練に掛けられる時間がなくなっていることは頭の痛い問題となっている。

DefenseNews 2011/4/25



過去の関連記事:
英国特殊部隊SASがリビアで拘束=その後解放
英国特殊部隊SASが化学兵器の押収を目的にリビアに潜伏か。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施
    コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売
    米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示 (2017-12-12 12:03)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施 (2017-12-11 18:40)
     コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売 (2017-12-08 14:07)
     米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出 (2017-12-08 13:46)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop