NEWS

NATO、リビアで米軍のUAV MQ-8 を損失

海外軍事
リビアで展開中の NATO において、米軍のドローン・ヘリコプター (VTUAV:Vertical Takeoff and Landing Tactical UAV) が消息を絶った。

21日付けの DefenseNews 記事によると、同日 NATO が、米軍所属の MQ-8B Fire Scout が通信途絶して失われたと発表。
MQ-8 Fire Scout は Northrop Grumman Co., が米海軍向けに開発した LCS(Littoral Combat Ship:沿岸戦闘艦) サポート用のヘリコプター型 UAVだ。

今回の事件において、当初こそ機種や所属は明らかにされていなかったものの、米軍関係者によって該当機が MQ-8 だと明らかにされた。

リビア情勢においては、今年 3月21日 に米空軍所属の F-15E が墜落しているが、NATO が任務を引き継いだ後で航空機の喪失が発生したのはこれが初めてとなる。

またリビア国営テレビは Zliten 近くで AH-64 アパッチ 攻撃ヘリを撃墜したと主張しているが、それについて NATO はその事実を否定している。

DefenseNews 2011/6/21

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop