NEWS

米軍SRT、セミオート・スナイパーライフル M110を受領

海外軍事
米陸軍は7日のリリースで、Fort Sill の SRT(Special Reaction Team:特別対応チーム) が、新型の狙撃銃・M110の受領を開始した様子を公開した。

M110 は、急速な環境変化に対応しやすい設計で、従来型の狙撃任務だけでなく、市街戦における狙撃任務にも適応しているとの説明がされており、迅速な脱着を可能にしたサプレッサーを装備できるとしている。

M110 を用いたトレーニングは3日間に渡って実施された。M24 の後継機として米陸軍での代替が進む M110 は 2008年の配備以来、米陸軍全体の狙撃兵に渡って受領されている。また今回のレポートで M110 の実射について、リコイルが限りなく小さいことを報告しており、その様子を M24 に近い感覚であるとしている。

US Army 2011/7/7

過去の「小銃」関連記事:
米陸軍の自動小銃調達案件に、コルト社からはCM901を提案
米陸軍、M855A1 EPRのメディアディを実施
ADCOR、M4 カービン後継製品調達計画にBEARで参入か

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備
    米陸軍が『改良版ギリーシステム(IGS)』の情報提供依頼書を発出
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備 (2018-04-24 16:37)
     米陸軍が『改良版ギリーシステム(IGS)』の情報提供依頼書を発出 (2018-04-24 12:46)
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop