NEWS

中国ステルスUAVが墜落

海外軍事
中国紙・明報新聞網 (news.mingpao.com) は25日、中国人民解放軍 の国産の 高高度・長距離・ステルス無人偵察機 "BZK-005" が訓練飛行中に 河北省・邢台の村落に墜落・炎上したことを掲載した。同紙によると、この墜落による死傷者は無かったとしている。

墜落現場付近には、人民解放軍の兵士などが多数駆けつけ、当日の夜の内に、中国当局により封鎖されたとしている。

BZK-005 は、2006年 中国・珠海 (Zhuhai) で開催された航空ショーでのプロモーション映像で、一躍脚光を浴びた。ハルビン航空機工業グループとBUAA (BeiJing University of Aeronautics & Astronautics:北京航空航天大学) の共同設計により開発されたとしている。機体の重量は 1,250Kgで、高度 8,000m の高高度での偵察任務をおこない、連続航行 40時間、巡航速度は 150~180Km/h とのこと。

news.mingpao.com 2011/08/25
Jane's Defence Weekly 2010/11/02


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop