NEWS

ロシア新型主力戦車T-95が中国で話題再燃?

海外軍事
一旦は立ち消えになったはずの ロシア 新型 主力戦車 (MBT: Main Battle Tank) "T-95" について、中国を発信元とするインターネット上の話題が再燃している。

2007年末、ロシアの Nikolai Makarov 国防副大臣は、ロシア陸軍に配備されている主力戦車 T-90、T-72、T-80 の後継戦車として 2009年以降での量産化を図るべく、全く新しい構造の車体を持つ主力戦車の開発について言及した。また国防副大臣は更に、戦車に搭載させる攻撃用武器や、戦車の要(かなめ) とも言える FCS (Fire Control Systems:射撃管制装置) の更新についても言及していた。

しかし 2010年4月に、ロシア国防省は、予算面での問題を主な理由に挙げ、T-95 の開発計画そのものを断念すると発表していた。

Chinese Internet 2011/08/25

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米海兵隊がM4カービンからのリプレイスを企図し、M27 IAR×5万挺余りの追加調達を計画
    シグ社・P320の落下時の安全性を向上させる自主アップデートプログラムを提供開始
    香港の大手エアソフト販売業者にNPOAEG製エアガン「AK-12」が再入荷
    米海軍特殊部隊SEAL初の女性志願者が評価・選抜プログラムの中で脱落
    英陸軍特殊部隊SASがシリア北部に潜むダーイシュ(IS)幹部を狙った襲撃作戦に初めて「ウィングスーツ」を投入か
    米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米海兵隊がM4カービンからのリプレイスを企図し、M27 IAR×5万挺余りの追加調達を計画 (2017-08-22 13:50)
     シグ社・P320の落下時の安全性を向上させる自主アップデートプログラムを提供開始 (2017-08-21 21:53)
     香港の大手エアソフト販売業者にNPOAEG製エアガン「AK-12」が再入荷 (2017-08-21 21:20)
     米海軍特殊部隊SEAL初の女性志願者が評価・選抜プログラムの中で脱落 (2017-08-21 15:35)
     英陸軍特殊部隊SASがシリア北部に潜むダーイシュ(IS)幹部を狙った襲撃作戦に初めて「ウィングスーツ」を投入か (2017-08-21 11:59)
     米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する (2017-08-18 12:01)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop