NEWS

AeroVironment、小型UAVのShrike開発完了

海外軍事
2008年8月、DARPA (the Defense Advanced Research Projects Agency:国防総省国防高等研究事業局) から小型 UAV (Unmanned Air Vehicle) に関する開発契約を受注していた AeroVironment Inc. が、その開発を完了したことを 8月30日付のリリースで発表した。

同社が DARPA より開発を請け負っていた、"Shrike" (=[鳥]もず) と名付けられたこの Quad Rotor (クワッドローター:4つの回転翼) を持つ VTOL (Vertical Take-Off and Landing:垂直離着陸) タイプの小型 UAV は、ステルス性を持ち合わせたもので、重量は 約2.3Kg 。機体の大きさもバックパックに収容可能なレベルとしながらも、40分間のホバリングが可能となっている。(=SP2S:Stealthy, Persistent Perch and Stare)

高解像度のカメラを搭載することで兵士の身を危険にさらすことなく重要な偵察任務をこなすことができるとして期待が寄せられている。

AeroVironment 2011/8/30

過去の「小型UAV」関連記事:
IAI、ミニUAV "GHOST" を公開
TiaLinx、小型UAV「Phoenix50-H」を発表

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    アフガニスタン展開中の英陸軍特殊部隊「SAS」が『羊飼い』に扮してテロリストに近付き襲撃。20名を排除
    米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     アフガニスタン展開中の英陸軍特殊部隊「SAS」が『羊飼い』に扮してテロリストに近付き襲撃。20名を排除 (2018-05-28 18:32)
     米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画 (2018-05-28 15:22)
     2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』 (2018-05-25 17:48)
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop