ロシア戦略爆撃機が日本列島を周回

国内軍事関連
ロシアの爆撃機が日本海から太平洋、東シナ海と、日本列島を全周回する経路で飛行をおこなったことが明らかになった。統合幕僚監部は8日、ロシア機の日本海及び太平洋における飛行について発表をおこなった。ロシア軍所属の爆撃機 Tu-95型 2機 が 空中給油機 IL-78型 (イリューシン78型) 2機 を伴い飛行。Tu-95型 は延べ14時間に渡って日本列島を全周回した。自衛隊では空自の戦闘機が緊急発進するなどで対応をおこなったとしている。



Joint Staff Office 2011/09/08

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
    自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売
    田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート
    陸上自衛隊・西部方面隊が種子島で着上陸訓練を実施。小型偵察ボートを使った夜間訓練の公開は国内初
    元フランス外人部隊衛生兵・野田力氏による「アフガニスタン戦場救命」講話会が開催
    陸上自衛隊「第一空挺団」が海上降下訓練で『水路潜入』を実施
    ポーランド企業がスズキ製Hayabusaエンジンを搭載した軍用ホバーバイク「ラプター」を初公開
    同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
     自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売 (2017-12-07 12:38)
     田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート (2017-12-07 11:00)
     陸上自衛隊・西部方面隊が種子島で着上陸訓練を実施。小型偵察ボートを使った夜間訓練の公開は国内初 (2017-11-22 17:24)
     元フランス外人部隊衛生兵・野田力氏による「アフガニスタン戦場救命」講話会が開催 (2017-09-16 20:41)
     陸上自衛隊「第一空挺団」が海上降下訓練で『水路潜入』を実施 (2017-09-14 11:31)
     ポーランド企業がスズキ製Hayabusaエンジンを搭載した軍用ホバーバイク「ラプター」を初公開 (2017-09-06 12:30)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop