NEWS

ロシア陸軍、AK74の調達を打ち切りか=陸軍参謀総長が発言

海外軍事
ロシア陸軍参謀総長の Nikolai Makarov 大将は、「Kalashnikov AK74 自動小銃の調達は打ち切り、新型が登場するまで新規調達を止める」と発言。Izvestia 紙の報道によると、新型自動小銃は 2012 年に登場する見込みだが、ロシア軍への調達は 2014 年以降になるとのこと。

AK74は Mikhail Kalashnikov (ミハイル・カラシニコフ) により創始された世界のベストセラー 自動小銃 AK-47系列 の後継として、ロシア軍に採用された自動小銃。世界の紛争地で必ず対面する AK系列 の自動小銃は、創始から半世紀以上に渡っても尚、最前線で活躍する自動小銃だ。AK系列の自動小銃は、現在までに 1億挺以上も出回っていると考えられ、派生モデルやローカルメイドを含めると、集計が不可能と言われる。

今回のロシア陸軍参謀総長の発言により、AK74 の軍への新規調達は打ち切られることが確実視される一方で、同じくAK系列となる AK200 の案内が出ていたことなどから、コマーシャルモデルとしてのリリースは続くものと考えられる。

なお、ロシア軍 現用の AK-74M では、イズマッシュ AK-100シリーズ と兄弟機の 第二世代 AK-74シリーズ となり、新型自動小銃の採用においても、「AK-〇〇」といった自動小銃、もしくは名称こそ違えど、カラシニコフ・システム採用のものになると推測できる。
いずれにせよロシアの風土上、AKシリーズにおける軍用小銃としての不足は、レシーバー外側がプラスチックになれば良いという程度以外、特に見当たらないものとも言われ、カラシニコフ・システムが無くなるということは考え難いとの憶測もある。

DefenseNews 2011/09/27

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    英陸軍特殊部隊SASがアフガニスタンで兵力を2倍に増強。タリバンなど過激派グループの復権阻止が狙い
    スウェーデン陸軍が新たにエイムポイント製「CompM5」「MPS3」の調達を契約
    カナダ科学技術企業「マワシ(MAWASHI)」社が開発する近未来の戦術外骨格『UPRISE』
    ラトビアが米国の対外軍事資金調達計画(FMFP)を通じてポラリス社製ATV×62輌を受領へ
    名銃「ブローニング・ハイパワー」とうとう生産終了
    米大手銃器メーカー『レミントン社』が「破産申請」を計画
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     英陸軍特殊部隊SASがアフガニスタンで兵力を2倍に増強。タリバンなど過激派グループの復権阻止が狙い (2018-02-14 14:03)
     スウェーデン陸軍が新たにエイムポイント製「CompM5」「MPS3」の調達を契約 (2018-02-13 19:36)
     カナダ科学技術企業「マワシ(MAWASHI)」社が開発する近未来の戦術外骨格『UPRISE』 (2018-02-13 18:50)
     ラトビアが米国の対外軍事資金調達計画(FMFP)を通じてポラリス社製ATV×62輌を受領へ (2018-02-13 18:22)
     名銃「ブローニング・ハイパワー」とうとう生産終了 (2018-02-13 17:35)
     米大手銃器メーカー『レミントン社』が「破産申請」を計画 (2018-02-13 13:36)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop