NEWS

ロシア陸軍、AK74の調達を打ち切りか=陸軍参謀総長が発言

海外軍事
ロシア陸軍参謀総長の Nikolai Makarov 大将は、「Kalashnikov AK74 自動小銃の調達は打ち切り、新型が登場するまで新規調達を止める」と発言。Izvestia 紙の報道によると、新型自動小銃は 2012 年に登場する見込みだが、ロシア軍への調達は 2014 年以降になるとのこと。

AK74は Mikhail Kalashnikov (ミハイル・カラシニコフ) により創始された世界のベストセラー 自動小銃 AK-47系列 の後継として、ロシア軍に採用された自動小銃。世界の紛争地で必ず対面する AK系列 の自動小銃は、創始から半世紀以上に渡っても尚、最前線で活躍する自動小銃だ。AK系列の自動小銃は、現在までに 1億挺以上も出回っていると考えられ、派生モデルやローカルメイドを含めると、集計が不可能と言われる。

今回のロシア陸軍参謀総長の発言により、AK74 の軍への新規調達は打ち切られることが確実視される一方で、同じくAK系列となる AK200 の案内が出ていたことなどから、コマーシャルモデルとしてのリリースは続くものと考えられる。

なお、ロシア軍 現用の AK-74M では、イズマッシュ AK-100シリーズ と兄弟機の 第二世代 AK-74シリーズ となり、新型自動小銃の採用においても、「AK-〇〇」といった自動小銃、もしくは名称こそ違えど、カラシニコフ・システム採用のものになると推測できる。
いずれにせよロシアの風土上、AKシリーズにおける軍用小銃としての不足は、レシーバー外側がプラスチックになれば良いという程度以外、特に見当たらないものとも言われ、カラシニコフ・システムが無くなるということは考え難いとの憶測もある。

DefenseNews 2011/09/27


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
アメリカ陸軍が「過渡的対応」として7.62mmNATO弾の自動小銃を採用か
ダーイシュ(IS)指導者バグダディ容疑者の身柄をロシア特殊部隊が捕縛?!独り歩きした噂をロシアが否定
アメリカ陸軍特殊部隊の生誕30周年を記念する動画が公開
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)
 アメリカ陸軍が「過渡的対応」として7.62mmNATO弾の自動小銃を採用か (2017-04-20 13:24)
 ダーイシュ(IS)指導者バグダディ容疑者の身柄をロシア特殊部隊が捕縛?!独り歩きした噂をロシアが否定 (2017-04-20 12:33)
 アメリカ陸軍特殊部隊の生誕30周年を記念する動画が公開 (2017-04-19 17:56)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop