NEWS

ロシア陸軍、AK74の調達を打ち切りか=陸軍参謀総長が発言

海外軍事
ロシア陸軍参謀総長の Nikolai Makarov 大将は、「Kalashnikov AK74 自動小銃の調達は打ち切り、新型が登場するまで新規調達を止める」と発言。Izvestia 紙の報道によると、新型自動小銃は 2012 年に登場する見込みだが、ロシア軍への調達は 2014 年以降になるとのこと。

AK74は Mikhail Kalashnikov (ミハイル・カラシニコフ) により創始された世界のベストセラー 自動小銃 AK-47系列 の後継として、ロシア軍に採用された自動小銃。世界の紛争地で必ず対面する AK系列 の自動小銃は、創始から半世紀以上に渡っても尚、最前線で活躍する自動小銃だ。AK系列の自動小銃は、現在までに 1億挺以上も出回っていると考えられ、派生モデルやローカルメイドを含めると、集計が不可能と言われる。

今回のロシア陸軍参謀総長の発言により、AK74 の軍への新規調達は打ち切られることが確実視される一方で、同じくAK系列となる AK200 の案内が出ていたことなどから、コマーシャルモデルとしてのリリースは続くものと考えられる。

なお、ロシア軍 現用の AK-74M では、イズマッシュ AK-100シリーズ と兄弟機の 第二世代 AK-74シリーズ となり、新型自動小銃の採用においても、「AK-〇〇」といった自動小銃、もしくは名称こそ違えど、カラシニコフ・システム採用のものになると推測できる。
いずれにせよロシアの風土上、AKシリーズにおける軍用小銃としての不足は、レシーバー外側がプラスチックになれば良いという程度以外、特に見当たらないものとも言われ、カラシニコフ・システムが無くなるということは考え難いとの憶測もある。

DefenseNews 2011/09/27


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop