NEWS

イラン、「撃墜した」とする米ステルス無人機RQ-170の映像を公開

海外軍事
イランが、アフガニスタン・パキスタン国境に近いイラン領空内で4日、偵察活動中の米軍の最新鋭ステルス無人機 "RQ-170 Sentinel (センチネル=「監視員」の意) " を撃墜したとする件について映像公開をおこなった。

Iran airs downed US spy drone: RQ-170 Sentinel stealth aircraft

映像から判断する限り、本物としてみられる意見も多く集まり、大きな損傷も見受けられていないことから、イラン軍の電子戦部隊によるサイバー攻撃で鹵獲したものと推定されている。

RQ-170 Sentinel は、Lockeed Martin社により開発が進められた最新鋭のステルス無人偵察機で、その存在は2009年まで秘密のベールに包まれていた。

最新鋭の無人偵察機に関する技術の流出については、イランでは解析自体が不可能であるとした見解も寄せられる一方で、ステルス技術の獲得に躍起になっている中国への技術流出については懸念が集まっている。

Defense Update 2011/12/08


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画
コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)
 米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画 (2017-03-24 16:48)
 コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表 (2017-03-24 13:52)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop