NEWS

イラン、「撃墜した」とする米ステルス無人機RQ-170の映像を公開

海外軍事
イランが、アフガニスタン・パキスタン国境に近いイラン領空内で4日、偵察活動中の米軍の最新鋭ステルス無人機 "RQ-170 Sentinel (センチネル=「監視員」の意) " を撃墜したとする件について映像公開をおこなった。

Iran airs downed US spy drone: RQ-170 Sentinel stealth aircraft

映像から判断する限り、本物としてみられる意見も多く集まり、大きな損傷も見受けられていないことから、イラン軍の電子戦部隊によるサイバー攻撃で鹵獲したものと推定されている。

RQ-170 Sentinel は、Lockeed Martin社により開発が進められた最新鋭のステルス無人偵察機で、その存在は2009年まで秘密のベールに包まれていた。

最新鋭の無人偵察機に関する技術の流出については、イランでは解析自体が不可能であるとした見解も寄せられる一方で、ステルス技術の獲得に躍起になっている中国への技術流出については懸念が集まっている。

Defense Update 2011/12/08

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    アフガニスタン展開中の英陸軍特殊部隊「SAS」が『羊飼い』に扮してテロリストに近付き襲撃。20名を排除
    米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     アフガニスタン展開中の英陸軍特殊部隊「SAS」が『羊飼い』に扮してテロリストに近付き襲撃。20名を排除 (2018-05-28 18:32)
     米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画 (2018-05-28 15:22)
     2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』 (2018-05-25 17:48)
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop