NEWS

米ロ、特殊部隊を含む合同対テロ訓練を来年5月末に実施予定

海外軍事
予てより噂されていた、米ロによる合同の対テロ軍事訓練に関する情報の続報が明らかになった。

ロシア軍からは空挺部隊が、米国からは具体的な部隊名は明らかにされていないものの、特殊部隊が参加し、カウンター・テロを視野に置いた、パラシュート訓練、戦術、火器射撃演習、山岳訓練や、軍事工学といった相互運用におけるプログラムが用意される見込み。

ロシア国防省スポークスマンによると、2012年 5月末におこなうとし、ロシア軍の Alexander Kucherenko大佐 によると、ホスト国は米国となる見込み。

RIA Novosti 2011/12/16

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    香港警察が俳優・マイケル・ウォンをナビゲーターに起用した特殊部隊「SDU」のPVを公開
    豪陸軍が手のひらサイズの超小型ドローン「ブラック・ホーネット」を調達へ。南ア陸軍・特殊部隊も取得を切望
    ナイツ・アーマメント(KAC)が新型中機関銃「ストーナーMMG」の試作モデルを発表
    入浴中、飲酒、強盗、空き巣…3ヶ年で2,200挺が行方不明。ずさん過ぎる南アフリカの警察官による銃火器管理体制
    ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明
    オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     香港警察が俳優・マイケル・ウォンをナビゲーターに起用した特殊部隊「SDU」のPVを公開 (2017-10-23 14:37)
     豪陸軍が手のひらサイズの超小型ドローン「ブラック・ホーネット」を調達へ。南ア陸軍・特殊部隊も取得を切望 (2017-10-23 14:02)
     ナイツ・アーマメント(KAC)が新型中機関銃「ストーナーMMG」の試作モデルを発表 (2017-10-23 12:46)
     入浴中、飲酒、強盗、空き巣…3ヶ年で2,200挺が行方不明。ずさん過ぎる南アフリカの警察官による銃火器管理体制 (2017-10-20 14:38)
     ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明 (2017-10-20 12:25)
     オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催 (2017-10-19 18:23)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop