NEWS

米軍・特殊部隊、中央アフリカ共和国を舞台に移して作戦継続

海外軍事 Comments(0)
先日お届けしたウガンダでの米陸軍・特殊部隊の活動状況について僅かながらの続報が配信された。

ウガンダの反政府組織 "LRA" (Lord's Resistance Army:神の抵抗軍) 狩りを展開中だった米国特殊部隊は、現在、中央アフリカ共和国を基軸に活動中。

作戦のターゲットは、LRA の首領・Joseph Kony。国際的な逃亡劇を繰り広げてきた Joseph Kony は、20年以上に渡ってウガンダ政府との間で戦闘を展開し、一時 190万人の国内避難民を発生させた張本人。Joseph Kony はウガンダ以外にも、中央アフリカ共和国や、コンゴ民主共和国、南スーダン といった広大な地域、4カ国以上に跨り、戦士のリクルート活動しながら惨事を繰り広げてきた、とされている。

この逃亡者の確保に乗り出した オバマ米大統領は今年 10月、陸軍の特殊作戦部隊員 100名を展開してきた。

Defense News 2011/12/20
Ministry of Foreign Affairs of Japan
Photo: U.S.Army 75th Ranger Regiment
Image is for illustration purposes only. Text and photo are not directly related.

過去の「米軍・特殊部隊、LRA 首領 Joseph Kony 捜索作戦」関連記事:
米陸軍の特殊部隊100名がウガンダでLRA首領捜索作戦を開始


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米空軍の開発したスマホ用アプリ『BATDOK』を医療メーカーのフィリップス社が商品化
韓国防衛展示会でムン・ジェイン大統領が国内エアガンメーカーGBLS社製『DAS T2A VER』を試射
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米空軍の開発したスマホ用アプリ『BATDOK』を医療メーカーのフィリップス社が商品化 (2018-09-25 16:17)
 韓国防衛展示会でムン・ジェイン大統領が国内エアガンメーカーGBLS社製『DAS T2A VER』を試射 (2018-09-25 12:17)
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop