NEWS

ロシア、銃器製造の民間工場を支援。世界市場参入に意欲

海外軍事
ロシア国防省が民間工場をサポートする動きが出てきた。ロシア通信 RIA Novosti が報じたところによると、軍需工場、とりわけ小銃・軽火器を生産する企業に対して、ロシア国防省が支援する準備にあるとして報じている。

これは 21日に、ロシア Anatoly Serdyukov 国防相 (アナトーリー・セルジュコフ 国防相) が発言したもの。ソ連解体後から20年が経過した現在、民間企業での技術向上が成熟してきたことを示唆し、世界の小銃火器市場にロシア民間工場発の製品が参入することに意欲をみせている。

プーチン政権下以後、ロシアにおける兵器輸出体制の傾向が強まっている。モスクワに本部を置く非政府の独立シンクタンク "CAWAT" (Centre for Analysis of World Arms Trade) の最新レポートによると、ロシアは 2011年度における武器輸出の規模が米国に次いで世界第 2位となると発表。世界における武器輸出市場の 16.1%、金額にして 112.9億ドル (約 8,806億円) を占め、2001年 の 37.05億ドルと比べて約 3倍となっている。なお、同レポートによると 1位の米国は同 40%以上の占有率を占め、総額 287.6億ドル (約 2兆 2,433億円) となっている。

RIA Novosti 2011/12/21
RIA Novosti 2011/12/23
ロシアにおける国防産業の再建と兵器輸出 / 防衛省防衛研究所 (The National Institute for Defense Studies.)
Photo from U.S. firearms relation Blog. Text and photo are not directly related.
※写真と本文に直接の関係はありません。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施
    コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売
    米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示 (2017-12-12 12:03)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施 (2017-12-11 18:40)
     コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売 (2017-12-08 14:07)
     米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出 (2017-12-08 13:46)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop