NEWS

海兵隊要求の自律飛行型無人輸送システムがONRで開発着手に

海外軍事
米海軍 ONR (Office of Naval Research) は、脅威や障害物を探知・回避する技術や自律着陸技術を開発する、AACUS (Autonomous Aerial Cargo Utility System) 計画を発表した。5年間で 9,800万ドル (約 75億円) の案件とし、無人 VTOL (Vertical Take-Off and Landing:垂直離着陸) 機を対象とするセンサー技術・制御技術を開発するとしている。2月22日 に RfP (Request for Proposal:提案依頼書) を発出し、4月に 2チームに対して契約を発注する予定としている。

AACUS は、無人輸送機システム・CUASs (Cargo Unmanned Aerial Systems) の発展版。あらゆる天候下で、陸上・海上いずれからも離陸することができ、自律的に飛び立った上で、敵の脅威が散乱する地へ精確に着陸させることができることを目標としている。この AACUS の必要性については、米海兵隊 物流支援の側面から要求がおこなわれたとしている。

Office of Naval Research 2012/1/12
Image from ONR Program Code-35 2011/10


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画
コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)
 米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画 (2017-03-24 16:48)
 コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表 (2017-03-24 13:52)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop