NEWS

海兵隊要求の自律飛行型無人輸送システムがONRで開発着手に

海外軍事
米海軍 ONR (Office of Naval Research) は、脅威や障害物を探知・回避する技術や自律着陸技術を開発する、AACUS (Autonomous Aerial Cargo Utility System) 計画を発表した。5年間で 9,800万ドル (約 75億円) の案件とし、無人 VTOL (Vertical Take-Off and Landing:垂直離着陸) 機を対象とするセンサー技術・制御技術を開発するとしている。2月22日 に RfP (Request for Proposal:提案依頼書) を発出し、4月に 2チームに対して契約を発注する予定としている。

AACUS は、無人輸送機システム・CUASs (Cargo Unmanned Aerial Systems) の発展版。あらゆる天候下で、陸上・海上いずれからも離陸することができ、自律的に飛び立った上で、敵の脅威が散乱する地へ精確に着陸させることができることを目標としている。この AACUS の必要性については、米海兵隊 物流支援の側面から要求がおこなわれたとしている。

Office of Naval Research 2012/1/12
Image from ONR Program Code-35 2011/10

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    アフガニスタン展開中の英陸軍特殊部隊「SAS」が『羊飼い』に扮してテロリストに近付き襲撃。20名を排除
    米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     アフガニスタン展開中の英陸軍特殊部隊「SAS」が『羊飼い』に扮してテロリストに近付き襲撃。20名を排除 (2018-05-28 18:32)
     米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画 (2018-05-28 15:22)
     2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』 (2018-05-25 17:48)
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop