NEWS

輸送船を転用、SEAL洋上出撃基地を中東で構想

海外軍事
米国が中東に、特殊作戦部隊の拠点となる洋上基地を配備するとの報道がおこなわれた。
CNNなどの報道によると、中東地域での作戦遂行において、海上に米海軍特殊部隊 SEAL の発進拠点として老朽化した輸送船を転用するとしている。

洋上に浮かべるこの「母船」には、オースティン級ドック型輸送揚陸艦 (Austin-class amphibious transport dock) の USS Ponce (ポンセ) LPD-15 の名前が挙がっているとし、ヘリコプターや高速艇を収容して、SEAL (Sea-Air-Land) チームの発進拠点にしようというもの。

ただし、この報道に対して米海軍艦隊総軍 (Fleet Forces Command) の Mike Kafka 報道官は、詳細なコメントを拒否している。

CNN 2012/01/28
SpaceWar 2012/01/28
Photo: USS Ponce LPD-15, from U.S. European Command


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop