NEWS

イスラエル最大の無人機Eitanがテスト飛行中に墜落

海外軍事
イスラエル軍の巨大な無人航空機がイスラエル中部にある Tel Nof 空軍基地 を離陸後、試験飛行中に墜落した。イスラエルのメディアによると、無人機は人為的ミスに起因し、何らかの制限を越えてしまったために墜落したのではないかと報じている。

ヘブライ語で「強い (strong)」を意味する "Eitan" (a.k.a. Heron TP) と名付けられたこの無人機は Boeing 737 にも匹敵する 86フィート (約 26m) の ウィングスパン を持つ、イスラエル最大の UAV (Unmanned Aerial Vehicle)。1,200馬力ターボプロップエンジンを搭載し、最大 40,000フィート (約 12,000m) の高度で 1t のペイロードを有する。また、航続時間の観点から、Eitan は al-Qaida や Taliban のリーダーを一斉攻撃した米軍のPredator UAV 最新モデル MQ-9 Reaper と同程度と報じられている。
今回の墜落事故を受けて、専門家らは Eitan の巨体を活かしてイスラエルがイランの地下核施設を攻撃する為に、5,000ポンド (約 2.3t) の "Bunker-Buster" (バンカーバスター爆弾) の搭載を試みていたのではないかともしている。

なお、IAI (Israel Aerospace Industries Ltd.) はフランスとの間で、Eitan の輸出契約を 5億ドル (約 385億円) で交わしていた。


The Five Towns 2012/01/29
Space Daily 2012/01/30
Photo: Israel Aerospace Industries Ltd.
Movie: Russia Today

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍特殊部隊の装備開発部門の動画が公開
    ベルビルが米陸軍向け新型ジャングル戦闘ブーツの改良モデル『ビルマ・スタイル#901 V2』 を発表
    サイレンサーメーカーのGEMTECHが米特殊作戦軍で実施されるテストの手順を動画で紹介
    シリア北部でブルパップ化したPKM機関銃を持つ武装勢力が目撃される
    アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可
    英国防省と王立芸大がタッグを組んで開発。陸軍歩兵学校で評価中の先進戦闘服が国際防衛展示会で披露
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍特殊部隊の装備開発部門の動画が公開 (2017-09-22 10:41)
     ベルビルが米陸軍向け新型ジャングル戦闘ブーツの改良モデル『ビルマ・スタイル#901 V2』 を発表 (2017-09-22 10:15)
     サイレンサーメーカーのGEMTECHが米特殊作戦軍で実施されるテストの手順を動画で紹介 (2017-09-22 09:51)
     シリア北部でブルパップ化したPKM機関銃を持つ武装勢力が目撃される (2017-09-21 19:11)
     アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可 (2017-09-21 18:33)
     英国防省と王立芸大がタッグを組んで開発。陸軍歩兵学校で評価中の先進戦闘服が国際防衛展示会で披露 (2017-09-20 19:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop