NEWS

イスラエル最大の無人機Eitanがテスト飛行中に墜落

海外軍事
イスラエル軍の巨大な無人航空機がイスラエル中部にある Tel Nof 空軍基地 を離陸後、試験飛行中に墜落した。イスラエルのメディアによると、無人機は人為的ミスに起因し、何らかの制限を越えてしまったために墜落したのではないかと報じている。

ヘブライ語で「強い (strong)」を意味する "Eitan" (a.k.a. Heron TP) と名付けられたこの無人機は Boeing 737 にも匹敵する 86フィート (約 26m) の ウィングスパン を持つ、イスラエル最大の UAV (Unmanned Aerial Vehicle)。1,200馬力ターボプロップエンジンを搭載し、最大 40,000フィート (約 12,000m) の高度で 1t のペイロードを有する。また、航続時間の観点から、Eitan は al-Qaida や Taliban のリーダーを一斉攻撃した米軍のPredator UAV 最新モデル MQ-9 Reaper と同程度と報じられている。
今回の墜落事故を受けて、専門家らは Eitan の巨体を活かしてイスラエルがイランの地下核施設を攻撃する為に、5,000ポンド (約 2.3t) の "Bunker-Buster" (バンカーバスター爆弾) の搭載を試みていたのではないかともしている。

なお、IAI (Israel Aerospace Industries Ltd.) はフランスとの間で、Eitan の輸出契約を 5億ドル (約 385億円) で交わしていた。


The Five Towns 2012/01/29
Space Daily 2012/01/30
Photo: Israel Aerospace Industries Ltd.
Movie: Russia Today


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用 (2017-03-29 16:14)
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop