NEWS

イスラエル最大の無人機Eitanがテスト飛行中に墜落

海外軍事
イスラエル軍の巨大な無人航空機がイスラエル中部にある Tel Nof 空軍基地 を離陸後、試験飛行中に墜落した。イスラエルのメディアによると、無人機は人為的ミスに起因し、何らかの制限を越えてしまったために墜落したのではないかと報じている。

ヘブライ語で「強い (strong)」を意味する "Eitan" (a.k.a. Heron TP) と名付けられたこの無人機は Boeing 737 にも匹敵する 86フィート (約 26m) の ウィングスパン を持つ、イスラエル最大の UAV (Unmanned Aerial Vehicle)。1,200馬力ターボプロップエンジンを搭載し、最大 40,000フィート (約 12,000m) の高度で 1t のペイロードを有する。また、航続時間の観点から、Eitan は al-Qaida や Taliban のリーダーを一斉攻撃した米軍のPredator UAV 最新モデル MQ-9 Reaper と同程度と報じられている。
今回の墜落事故を受けて、専門家らは Eitan の巨体を活かしてイスラエルがイランの地下核施設を攻撃する為に、5,000ポンド (約 2.3t) の "Bunker-Buster" (バンカーバスター爆弾) の搭載を試みていたのではないかともしている。

なお、IAI (Israel Aerospace Industries Ltd.) はフランスとの間で、Eitan の輸出契約を 5億ドル (約 385億円) で交わしていた。


The Five Towns 2012/01/29
Space Daily 2012/01/30
Photo: Israel Aerospace Industries Ltd.
Movie: Russia Today

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」
    マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論
    カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介
    特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録
    「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴
    米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」 (2017-11-17 18:56)
     マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論 (2017-11-16 12:15)
     カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介 (2017-11-10 17:42)
     特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録 (2017-11-10 16:53)
     「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴 (2017-11-10 11:29)
     米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表 (2017-11-08 17:32)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop