NEWS

シンガポール航空ショーで中国UAV "X200" が初出展

海外軍事
アジア最大の航空宇宙・防衛イベント "SINGAPORE Air Show 2012" (14-19 Feb 2012) が開催された。
AP通信によれば今回の航空ショーで注目を集めたのは、中国企業の UAV (Unmanned Aerial Vehicle:無人航空機) 市場への参入が挙げられている。中国企業として初めて UAV の展示をおこなった Yotais (Yotaisc Science and Technology Development Co.) からは、二重反転ローターを持つ回転翼 UAV・X200 が出展。
中国国産として初となるこのヘリコプター型 無人機 Yotais X200 の価格は 600万 RMB (およそ 86万米ドル=約6,880万円) ~ 1,200万 RMB (およそ170万米ドル=1億3,600万円) の範囲で設定されている。※RMB=人民元

DefenseNews が報じたところによると、Yotais X200 は 2005 年に量産を始めた M28 の拡大発展型。INS/GPS (Inertial Navigation System / Global Positioning System) による自律飛行が可能で、ペイロード 100kg、巡航速度 93mph (約150km/h)、最高速度 136mph (約220km/h) 、上昇限度 16,400ft (約5,000m) としている。

Yotais X200 について、複数の外国・外国企業が調達に関心を示していると報じられる中、当の Yotais社 では、「北朝鮮 から既に 8機 の受注を抱えている」とした発言が報じられている。

Associated Press 2012/02/12
DefenseNews 2012/02/17
BBC News 2012/02/16
Photo: BBC News


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop