NEWS

シンガポール航空ショーで中国UAV "X200" が初出展

海外軍事
アジア最大の航空宇宙・防衛イベント "SINGAPORE Air Show 2012" (14-19 Feb 2012) が開催された。
AP通信によれば今回の航空ショーで注目を集めたのは、中国企業の UAV (Unmanned Aerial Vehicle:無人航空機) 市場への参入が挙げられている。中国企業として初めて UAV の展示をおこなった Yotais (Yotaisc Science and Technology Development Co.) からは、二重反転ローターを持つ回転翼 UAV・X200 が出展。
中国国産として初となるこのヘリコプター型 無人機 Yotais X200 の価格は 600万 RMB (およそ 86万米ドル=約6,880万円) ~ 1,200万 RMB (およそ170万米ドル=1億3,600万円) の範囲で設定されている。※RMB=人民元

DefenseNews が報じたところによると、Yotais X200 は 2005 年に量産を始めた M28 の拡大発展型。INS/GPS (Inertial Navigation System / Global Positioning System) による自律飛行が可能で、ペイロード 100kg、巡航速度 93mph (約150km/h)、最高速度 136mph (約220km/h) 、上昇限度 16,400ft (約5,000m) としている。

Yotais X200 について、複数の外国・外国企業が調達に関心を示していると報じられる中、当の Yotais社 では、「北朝鮮 から既に 8機 の受注を抱えている」とした発言が報じられている。

Associated Press 2012/02/12
DefenseNews 2012/02/17
BBC News 2012/02/16
Photo: BBC News

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    アフガニスタン展開中の英陸軍特殊部隊「SAS」が『羊飼い』に扮してテロリストに近付き襲撃。20名を排除
    米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     アフガニスタン展開中の英陸軍特殊部隊「SAS」が『羊飼い』に扮してテロリストに近付き襲撃。20名を排除 (2018-05-28 18:32)
     米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画 (2018-05-28 15:22)
     2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』 (2018-05-25 17:48)
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop