NEWS

ロシア、カラシニコフライフル違法コピーに対処を検討

海外軍事 Comments(0)
ロシア政府がカラシニコフ・ライフルに代表されるロシア兵器の海外での深刻な違法コピー製品に対する厳正な対処に乗り出す。

ロシア国営通信 RIA Novosti は 27日、Dmitry Rogozin・ロシア副首相 が議会で「多くの国々がロシア製造メーカーが持つパテントを尊重せず、違法なコピー品の製造に手を出している」と指摘。ロシア政府が対処に乗り出すことを検討している、と報じた。

中でも深刻なのは、東側を代表する小銃・カラシニコフライフルで、とりわけ東欧では少なくとも 15ヶ国が違法生産をおこなっていると指摘。Izhmash によれば毎年世界で販売される数百万挺のカシニコフ・ライフルの内、正規品はわずか 10~12% にとどまり、残りは非正規の違法コピーで賄われているとしている。

RIA Novosti 2012/02/27
Photo from U.S. Marine Corps.
Image is for illustration purposes only. Text and photo are not directly related.


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop