NEWS

遠隔から発話を阻害、声の暴力に対抗する非殺傷兵器

海外軍事
聴覚の遅延によるフィードバックを利用した発話阻害の応用システム、"SpeechJammer" の研究発表が海外・先端技術レビューを取り扱うサイトで掲載、プロトタイプと共に仕様について解説が公開されている。

SpeechJammer の研究は、日本・産業技術総合研究所 (AIST: Advanced Industrial Science and Technology) の 栗原一貴氏と、お茶の水女子大学 塚田浩二氏 によりおこなわれた。
声を発する際、自身が発した声を耳で聴き取りながら発話するというプロセスが考えられており、SpeechJammer では、この仕組みを逆手に取って活用し、遠隔から発話を阻害することが出来る仕組みとしている。 "聴覚フィードバック" (DAF:Delayed Auditory Feedback) と呼ばれる仕組みによって、耳に入ってくる自身の声がズレ、発話者が正常な発声運動をおこなえなくする、という。

SpeechJammer:聴覚遅延フィードバックを利用した発話阻害の応用システム
technology review 2012/03/01
Extreme Tech 2012/03/01
Image from WISS.org

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施
    コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売
    米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出
    IWI 7.62X51mm弾を使用するブルパップライフル「タボール7」を発売
    2019年に近接戦闘部隊で女性にも門戸開放を予定している英軍は、特殊部隊SAS選抜過程の緩和を検討か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施 (2017-12-11 18:40)
     コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売 (2017-12-08 14:07)
     米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出 (2017-12-08 13:46)
     IWI 7.62X51mm弾を使用するブルパップライフル「タボール7」を発売 (2017-12-08 12:19)
     2019年に近接戦闘部隊で女性にも門戸開放を予定している英軍は、特殊部隊SAS選抜過程の緩和を検討か (2017-12-07 17:16)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop