NEWS

PAL-V、「空飛ぶ車」プロトタイプ1号機を発表

海外軍事


空陸両用の航空機設計を手掛けるオランダ企業 PAL-V Europe NV では、空飛ぶ車 "flying car" のプロトタイプ 1号機 を発表、その試験走行と飛行の様子を同社 YouTubeチャンネル に掲載した。

空飛ぶ車のコンセプトは、2010年10月 に DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency:国防総省国防高等研究事業局) が始動を表明した "Transformer (TX) プログラム" の中で紹介されている "Flying Humvee" も同様で、市街地での偵察活動や、負傷者の救出、特殊作戦における輸送任務などでの活用に期待を寄せている。

今回 PAL-V で公開されたプロトタイプは 2004年 から 8年 の歳月を経て開発が進められたもので、車体には 2名 の乗員を可能とし、地上での移動速度は、8秒 で 時速 100km に達し、最高速度は 180km/h、行動範囲 1,200km、燃費 12km/L とのこと。また飛行中のパフォーマンスとしては、最低速度 50km/h、最高速度 180km/h、離陸滑走距離 165m、着陸滑走距離 30m、飛行時の燃費 36L/h、飛行距離 350~500km とのこと。
開発当初から大きなデザイン設計での変更は無く、現在のところ車輌から飛行体への「トランスフォーム」において、車体を一時停止しなければならない。
同社では、今回のテスト飛行の成功を受けて、第1号 の商用モデル版 PAL-V の初デリバリーを 2014年 内で目指したい考え。

PAL-V Europe NV 2012/04/01
gizmag 2012/04/02
smartplanet 2010/10/14
Photo: PAL-V Europe NV official flickr

過去の「空飛ぶ車」関連記事:
米国防総省「トランスフォーマー」プロジェクト始動を発表

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍の新型『バリスティック・コンバットシャツ(BCS)』の開発企業が海兵隊向け新型アーマーにも乗り出す
    フランスMetravib社のレイル取り付け式「銃声検出システム」が競合他社との比較評価試験でトップを獲得
    A-10攻撃機用の30mm劣化ウラン弾に廃止の議論が高まる
    初めての「実戦」は人にどんな影響を及ぼすのか?米陸軍士官学校『現代戦争研究所』が戦闘体験を調査
    『Holmatro Door Blaster HDB 90ST』は、悪党の潜む建屋のドアを静かに「2秒以内」に開ける
    夜間でも最大2,200m先のマンターゲットの狙撃を支援する米陸軍の『スナイパーライフル用照準器群(FWS-S)』
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍の新型『バリスティック・コンバットシャツ(BCS)』の開発企業が海兵隊向け新型アーマーにも乗り出す (2018-05-18 17:51)
     フランスMetravib社のレイル取り付け式「銃声検出システム」が競合他社との比較評価試験でトップを獲得 (2018-05-18 14:40)
     A-10攻撃機用の30mm劣化ウラン弾に廃止の議論が高まる (2018-05-17 17:46)
     初めての「実戦」は人にどんな影響を及ぼすのか?米陸軍士官学校『現代戦争研究所』が戦闘体験を調査 (2018-05-17 13:26)
     『Holmatro Door Blaster HDB 90ST』は、悪党の潜む建屋のドアを静かに「2秒以内」に開ける (2018-05-16 16:23)
     夜間でも最大2,200m先のマンターゲットの狙撃を支援する米陸軍の『スナイパーライフル用照準器群(FWS-S)』 (2018-05-16 12:53)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop