NEWS

PAL-V、「空飛ぶ車」プロトタイプ1号機を発表

海外軍事


空陸両用の航空機設計を手掛けるオランダ企業 PAL-V Europe NV では、空飛ぶ車 "flying car" のプロトタイプ 1号機 を発表、その試験走行と飛行の様子を同社 YouTubeチャンネル に掲載した。

空飛ぶ車のコンセプトは、2010年10月 に DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency:国防総省国防高等研究事業局) が始動を表明した "Transformer (TX) プログラム" の中で紹介されている "Flying Humvee" も同様で、市街地での偵察活動や、負傷者の救出、特殊作戦における輸送任務などでの活用に期待を寄せている。

今回 PAL-V で公開されたプロトタイプは 2004年 から 8年 の歳月を経て開発が進められたもので、車体には 2名 の乗員を可能とし、地上での移動速度は、8秒 で 時速 100km に達し、最高速度は 180km/h、行動範囲 1,200km、燃費 12km/L とのこと。また飛行中のパフォーマンスとしては、最低速度 50km/h、最高速度 180km/h、離陸滑走距離 165m、着陸滑走距離 30m、飛行時の燃費 36L/h、飛行距離 350~500km とのこと。
開発当初から大きなデザイン設計での変更は無く、現在のところ車輌から飛行体への「トランスフォーム」において、車体を一時停止しなければならない。
同社では、今回のテスト飛行の成功を受けて、第1号 の商用モデル版 PAL-V の初デリバリーを 2014年 内で目指したい考え。

PAL-V Europe NV 2012/04/01
gizmag 2012/04/02
smartplanet 2010/10/14
Photo: PAL-V Europe NV official flickr

過去の「空飛ぶ車」関連記事:
米国防総省「トランスフォーマー」プロジェクト始動を発表

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)
     オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注 (2017-06-21 19:25)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop