NEWS

ロシア、国産UAVの試験飛行を2014年に実施へ

海外軍事
RIA Novosti が Alexander Sukhorukov 露第一国防副大臣の発言として、「ロシアの国産 UAV (Unmanned Aerial Vehicles : 無人航空機) が、2014 年に試験飛行を開始する」と報じた。陸軍参謀総長の Nikolay Makarov 大将は 2 月に、「2015 年の予定を 2012 年に繰り上げる」と発言している。

機体は Solok が、センサー類は Tranzas が担当することになっており、2011 年 10 月に 30 億ルーブル (1 億 190 万ドル) の契約を発注済み。
4 月に国防省が明らかにしたところでは、機体はモジュラー構成で 5t 級、各種の兵装や機材を搭載可能になるとのこと。

この件以外では、空軍司令官の Alexander Zelin 大将が Moskovsky Komsomolets 紙で「2020 年までに攻撃能力を備えた UAV を配備する」と発言している。

RIA Novosti 2012/04/20
Photo from Arabstoday
Image is for illustration purposes only. Text and photo are not directly related.


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop