NEWS

イラン、米軍ハイジャック・ステルス無人機のコピー製造を開始

海外軍事
2011年12月、記憶にもまだ新しい イランによる米軍最新鋭ステルス無人機 RQ-170 Sentinel "ハイジャック事件" が報じられた。ほぼ無傷の状態で捕獲された最新軍事技術の結晶がイランの手で解析作業が進められている。

イラン革命防衛隊 (IRGC : Iranian Revolutionary Guards Corps) 航空部門司令官の Amir Ali Hajizadeh 大将は 22日、国営テレビの放送で RQ-170 の技術を解析、コピー機の製造を開始することを明らかにした。

近い将来の世界のミリタリーバランスを変える可能性があるとも言われるこの事件は、高度なアビオニクス技術だけでなく、世界で最も信頼性が高く、優れているとされる米軍の持つステルス技術がイランへ流出する可能性について懸念が集まる。
技術の流出がされれば、現在イランと核開発問題で軍事衝突が懸念されているイスラエルの防空網を脅かす存在となるだけでなく、中国やロシアへ技術転用されることも考えられ、日本も無関係の話題ではなくなってくる。

Defense News 2012/04/22
Space Daily 2012/04/22
Russia Today 2012/04/22
Photo: Captured US RQ-170 drone (AFP Photo / Atta Kenare) via Russia Today

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」
    マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論
    カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介
    特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録
    「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴
    米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」 (2017-11-17 18:56)
     マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論 (2017-11-16 12:15)
     カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介 (2017-11-10 17:42)
     特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録 (2017-11-10 16:53)
     「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴 (2017-11-10 11:29)
     米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表 (2017-11-08 17:32)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop