NEWS

イラン、米軍ハイジャック・ステルス無人機のコピー製造を開始

海外軍事
2011年12月、記憶にもまだ新しい イランによる米軍最新鋭ステルス無人機 RQ-170 Sentinel "ハイジャック事件" が報じられた。ほぼ無傷の状態で捕獲された最新軍事技術の結晶がイランの手で解析作業が進められている。

イラン革命防衛隊 (IRGC : Iranian Revolutionary Guards Corps) 航空部門司令官の Amir Ali Hajizadeh 大将は 22日、国営テレビの放送で RQ-170 の技術を解析、コピー機の製造を開始することを明らかにした。

近い将来の世界のミリタリーバランスを変える可能性があるとも言われるこの事件は、高度なアビオニクス技術だけでなく、世界で最も信頼性が高く、優れているとされる米軍の持つステルス技術がイランへ流出する可能性について懸念が集まる。
技術の流出がされれば、現在イランと核開発問題で軍事衝突が懸念されているイスラエルの防空網を脅かす存在となるだけでなく、中国やロシアへ技術転用されることも考えられ、日本も無関係の話題ではなくなってくる。

Defense News 2012/04/22
Space Daily 2012/04/22
Russia Today 2012/04/22
Photo: Captured US RQ-170 drone (AFP Photo / Atta Kenare) via Russia Today


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用 (2017-03-29 16:14)
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop