NEWS

ロッキード、翼果型モノコプター「SAMARAI」映像を更新

海外軍事


Lockheed Martin は、植物の種子にインスパイアしたモノコプター型の UAV の映像を更新した。2011年 8月 の AUVSI (Association for Unmanned Vehicle Systems International) でもお披露目されているこの UAV (Unmanned Air Vehicle : 無人飛行体) "Samarai Flyer" は、カエデ科植物の種子 (samara : 翼果) が落下する際の物理運動をヒントに考えられたもの。垂直離着陸やホバリングが可能で、動画の撮影・伝送機能を備えており、バックパックに入れて持ち運びすることができる。

Lockheed Martin の SAMARAI に先駆けては、メリーランド大学のジェームズ・クラーク工学科 (University of Maryland's Clark School of Engineering) の学生が 2009年 に翼果型の優れた超小型飛行ロボットを開発。当時 世界初のコントロール可能な翼果型モノコプターとしてテレビなどでも大々的に取り上げられていた。

Lockheed Martin 2011/8/16, 2012/06/13
gizmag 2011/08/19
Photo : Maple Seed Wing. Credit: photoholic1 / Flickr

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米海軍特殊部隊SEAL・SWCCに初の女性志願者。1名は元男性のトランスジェンダーか
    H&K社が1億7千万ユーロの赤字を計上
    FBIが候補生の「最初の1週間」を紹介するリクルート動画を公開
    MHS選定に敗北したグロック社幹部「最後までテストを続ければ勝ったはず」
    米陸軍が改良版の新型「ジャングルブーツ」をフィリピン、タイで試験。熱帯地用の戦闘服も投入
    前線兵士に弾薬などを運搬。イスラエル国防軍の「無人走行ハンヴィー」
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米海軍特殊部隊SEAL・SWCCに初の女性志願者。1名は元男性のトランスジェンダーか (2017-07-21 13:15)
     H&K社が1億7千万ユーロの赤字を計上 (2017-07-20 18:57)
     FBIが候補生の「最初の1週間」を紹介するリクルート動画を公開 (2017-07-20 18:36)
     MHS選定に敗北したグロック社幹部「最後までテストを続ければ勝ったはず」 (2017-07-20 12:42)
     米陸軍が改良版の新型「ジャングルブーツ」をフィリピン、タイで試験。熱帯地用の戦闘服も投入 (2017-07-19 19:16)
     前線兵士に弾薬などを運搬。イスラエル国防軍の「無人走行ハンヴィー」 (2017-07-19 13:36)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop