NEWS

ロッキード、翼果型モノコプター「SAMARAI」映像を更新

海外軍事


Lockheed Martin は、植物の種子にインスパイアしたモノコプター型の UAV の映像を更新した。2011年 8月 の AUVSI (Association for Unmanned Vehicle Systems International) でもお披露目されているこの UAV (Unmanned Air Vehicle : 無人飛行体) "Samarai Flyer" は、カエデ科植物の種子 (samara : 翼果) が落下する際の物理運動をヒントに考えられたもの。垂直離着陸やホバリングが可能で、動画の撮影・伝送機能を備えており、バックパックに入れて持ち運びすることができる。

Lockheed Martin の SAMARAI に先駆けては、メリーランド大学のジェームズ・クラーク工学科 (University of Maryland's Clark School of Engineering) の学生が 2009年 に翼果型の優れた超小型飛行ロボットを開発。当時 世界初のコントロール可能な翼果型モノコプターとしてテレビなどでも大々的に取り上げられていた。

Lockheed Martin 2011/8/16, 2012/06/13
gizmag 2011/08/19
Photo : Maple Seed Wing. Credit: photoholic1 / Flickr


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop