NEWS

SEALの戦闘訓練施設がバージニアビーチに新設

海外軍事
Virginian Pilot (PilotOnline.com) は 26日付の記事で、Virginia Beach の Joint Base Fort Story に総額 1,150万ドル (約 9.1億円) を投じた米海軍特殊部隊 SEAL の新たな CQC (Close Quaters Combat) 戦闘訓練施設 "Kill House" が建設されると報じた。

施設の広さは一般的なスーパーマーケットとほぼ同じ 26,500 平方フィートで、モスク、銀行、警察署、市場や一般的な住宅など 52個 のシナリオ・ルームが用意される。インストラクターは建物間を繋ぐ「キャット・ウォーク」から訓練の様子を監視することができるようになる。

この施設の設計に当たっては NSWG (Naval Special Warfare Group : 海軍特殊作戦グループ) がイラクやアフガニスタンなど、過去 10年 以上に渡って実際の強襲作戦で培った経験を活かしている。建物の壁には第三世界の国をイメージしたデザインが施されるとのことで、これについてはハリウッドでも活躍するデザイン会社が手掛けるとのこと。
また実戦を想定した実弾による射撃訓練を可能とし、跳弾を防止する為に壁には発泡スチレンとラバーによるコーティングがなされる。

Virginian Pilot 2012/06/26
Photo : Fort Story range creates combat scenarios for SEALs. Hyunsoo Leo Kim / The Virginian-Pilot.

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop