NEWS

米国の学生らが国土安全保障省のドローンに侵入成功

海外軍事
米国 Fox News (Audio Podcast 版) によると、テキサス大学 オースティン校の Todd Humphreys 教授が率いる無線航法研究室の学生らが僅か 1,000ドル (約 79,000円) を投じた装備で、国土安全保障省 (DHS : Department of Homeland Security) の UAV (Unmanned Aerial Vehicle : 無人航空機) へアクセスを試みたところ侵入でき、その制御権を獲得することができたと報じた。
学生らは "Spoofer" と呼ぶ GPS (Global Positioning System) シグナルを模した偽の信号を発信し、ドローンのコントロールを可能とした、とのこと。

同ニュースでは、安全保障面で近年多くのシーンで投入されている無人機がテロリスト、ハッカーらの脅威に直面していると報じた。

FOX News Radio 2012/06/26
Strategic Defence Intelligence 2012/06/28
Photo from FOX News Radio.


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop