NEWS

米大学研究機関で軍用の超音速ミニ・ドローンを開発中

海外軍事
コロラド大学 ボルダー校 (University of Colorado at Boulder) 航空宇宙工学の Ryan P. Starkey 教授らが、重量 22lb (約 10Kg) の UAV (Unmanned Aerial Vehicle : 無人航空機) に装着する最小サイズの超音速エンジンを開発中、世界最高速度の樹立を目標に掲げいる。教授によれば、「超音速ミニ・ドローン」の開発により、パイロットを危険な目に合わせることなく長距離で高速移動できるため、幅広く軍用途での偵察任務に投入できる、とのこと。

英国の UAV 専門情報サイト Unmanned.co.uk によると、UAV の大きさは 全長 7 ft (約 213cm)、全幅 5ft (約 152cm) になる見込みで、現在のところ各社がこぞって超音速の小型 UAV 開発に着手するものの、現実的な推進システムとして完成しているのは教授の設計したプロトタイプのみ、としている。

Unmanned.co.uk 2012/07/03
University of Colorado at Boulder
Starkey Aerospace Corporation
illustration : GoJett software-in-the-loop flight testing (Rendering by Jack Elston, Blackswift Technologies)

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop