NEWS

無人機 グレイ・イーグルで編成された中隊がアフガンへ

海外軍事
GA-ASI (General Atomics Aeronautical Systems Inc.) は、MQ-1C Gray Eagle で編成された中隊のアフガニスタンでのデプロイメントについて発表した。

フル編成の中隊規模で 24 時間フルタイムの RSTA (Reconnaissance, Surveillance, and Target Acquisition)・精密攻撃・通信中継といったミッションを可能としている。GA-ASI によると、兵装は Predator の 2倍 を可能としている。

airforce-magazine によると、今までに同中隊では陸軍の Gray Eagle 61機 がデリバリーされ、44機 がオーダー中としており、今回のディプロイメントに先立ち、米陸軍では 6/25 にアフガニスタンに 2グループ、4機 から成る MQ-1C の QRC (Quick-Reaction-Capability : 即応能力) 練成に関する発表をおこなっている。

GA-ASI 2012/06/25
airforce magazine 2012/07/06
Photo : Gray Eagle with Triclops payload configuration, from U.S. Army official website.
Image is for illustration purposes only. Text and photo are not directly related.


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
米軍特殊作戦司令部と海兵隊が.338ノーママグナム弾を使用する軽量中型機関銃の市場調査を公示
「ワンショットワンキル」英軍特殊部隊SASスナイパーがチェイタックM200を使って2,400メートルの長距離射撃を成功
トヨタ製ランドクルーザーがベース。「フォートレス・インターベンション」がフランス国家憲兵隊治安介入部隊(GIGN)に納車
フランス国立コマンド訓練センター(CNEC)でおこなわれた要人警護要員の養成課程訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)
 米軍特殊作戦司令部と海兵隊が.338ノーママグナム弾を使用する軽量中型機関銃の市場調査を公示 (2017-05-23 13:11)
 「ワンショットワンキル」英軍特殊部隊SASスナイパーがチェイタックM200を使って2,400メートルの長距離射撃を成功 (2017-05-23 12:44)
 トヨタ製ランドクルーザーがベース。「フォートレス・インターベンション」がフランス国家憲兵隊治安介入部隊(GIGN)に納車 (2017-05-23 11:21)
 フランス国立コマンド訓練センター(CNEC)でおこなわれた要人警護要員の養成課程訓練映像 (2017-05-19 15:25)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop