NEWS

無人機 グレイ・イーグルで編成された中隊がアフガンへ

海外軍事
GA-ASI (General Atomics Aeronautical Systems Inc.) は、MQ-1C Gray Eagle で編成された中隊のアフガニスタンでのデプロイメントについて発表した。

フル編成の中隊規模で 24 時間フルタイムの RSTA (Reconnaissance, Surveillance, and Target Acquisition)・精密攻撃・通信中継といったミッションを可能としている。GA-ASI によると、兵装は Predator の 2倍 を可能としている。

airforce-magazine によると、今までに同中隊では陸軍の Gray Eagle 61機 がデリバリーされ、44機 がオーダー中としており、今回のディプロイメントに先立ち、米陸軍では 6/25 にアフガニスタンに 2グループ、4機 から成る MQ-1C の QRC (Quick-Reaction-Capability : 即応能力) 練成に関する発表をおこなっている。

GA-ASI 2012/06/25
airforce magazine 2012/07/06
Photo : Gray Eagle with Triclops payload configuration, from U.S. Army official website.
Image is for illustration purposes only. Text and photo are not directly related.

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施
    コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売
    米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示 (2017-12-12 12:03)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施 (2017-12-11 18:40)
     コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売 (2017-12-08 14:07)
     米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出 (2017-12-08 13:46)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop