NEWS

アリゾナ州に特殊作戦部隊向けのフリーフォール訓練施設が新設

海外軍事
Pilkington Commercial Co. (Yuma, AZ) は、アリゾナ州 Yuma に特殊作戦部隊向けのフリーフォール訓練用シミュレータ施設の建設工事を、$10,030,000 で受注した。(W912PL-12-C-0015)

米下院議員の Raúl M. Grijalva 氏 によると、数年前から建設の予算を要求していたもので、米陸軍 ユマ性能試験場(YPG : Yuma Proving Grounds, Yuma, AZ)内に建設される。軍の輸送コストを削減したい狙いで、カリフォルニア州 フォート・ブラッグ (Ft. Bragg, N.C) まで行かずして "Air Operation" の訓練を受けることができるとしている。

民間セクター向け連邦政府機関の調達案件検索ポータルサイトの FBO (Federal Business Opportunities) によれば、施設にはメカニカル・ルーム、レストルーム、シャワー、オフィスや様々なコミュニケーションルームが用意され (6,000平方フィートと 2,082平方フィートの 2つ の教室があるとのこと)、施設における環境性能評価制度 LEED (Leadership in Energy and Environmental Design : エネルギーと環境に配慮したデザインの評価制度) は "Silver" とのこと。建設完成予定は 2013年12月30日 に設定されている。

Congressman Raúl M. Grijalva Serving the People of Arizona's 7th District 2012/06/22
Federal Business Opportunities 2012/06/28
Photo : 19th Special Forces prepare to jump, from U.S. Army official websitel.
Image is for illustration purposes only. Text and photo are not directly related.

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    特集:H&K M27 IAR(歩兵自動ライフル)
    フランス軍特殊部隊の装備開発部門の動画が公開
    ベルビルが米陸軍向け新型ジャングル戦闘ブーツの改良モデル『ビルマ・スタイル#901 V2』 を発表
    サイレンサーメーカーのGEMTECHが米特殊作戦軍で実施されるテストの手順を動画で紹介
    シリア北部でブルパップ化したPKM機関銃を持つ武装勢力が目撃される
    アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     特集:H&K M27 IAR(歩兵自動ライフル) (2017-09-25 14:09)
     フランス軍特殊部隊の装備開発部門の動画が公開 (2017-09-22 10:41)
     ベルビルが米陸軍向け新型ジャングル戦闘ブーツの改良モデル『ビルマ・スタイル#901 V2』 を発表 (2017-09-22 10:15)
     サイレンサーメーカーのGEMTECHが米特殊作戦軍で実施されるテストの手順を動画で紹介 (2017-09-22 09:51)
     シリア北部でブルパップ化したPKM機関銃を持つ武装勢力が目撃される (2017-09-21 19:11)
     アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可 (2017-09-21 18:33)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop