NEWS

アリゾナ州に特殊作戦部隊向けのフリーフォール訓練施設が新設

海外軍事
Pilkington Commercial Co. (Yuma, AZ) は、アリゾナ州 Yuma に特殊作戦部隊向けのフリーフォール訓練用シミュレータ施設の建設工事を、$10,030,000 で受注した。(W912PL-12-C-0015)

米下院議員の Raúl M. Grijalva 氏 によると、数年前から建設の予算を要求していたもので、米陸軍 ユマ性能試験場(YPG : Yuma Proving Grounds, Yuma, AZ)内に建設される。軍の輸送コストを削減したい狙いで、カリフォルニア州 フォート・ブラッグ (Ft. Bragg, N.C) まで行かずして "Air Operation" の訓練を受けることができるとしている。

民間セクター向け連邦政府機関の調達案件検索ポータルサイトの FBO (Federal Business Opportunities) によれば、施設にはメカニカル・ルーム、レストルーム、シャワー、オフィスや様々なコミュニケーションルームが用意され (6,000平方フィートと 2,082平方フィートの 2つ の教室があるとのこと)、施設における環境性能評価制度 LEED (Leadership in Energy and Environmental Design : エネルギーと環境に配慮したデザインの評価制度) は "Silver" とのこと。建設完成予定は 2013年12月30日 に設定されている。

Congressman Raúl M. Grijalva Serving the People of Arizona's 7th District 2012/06/22
Federal Business Opportunities 2012/06/28
Photo : 19th Special Forces prepare to jump, from U.S. Army official websitel.
Image is for illustration purposes only. Text and photo are not directly related.


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop