NEWS

米海軍特殊部隊SEALの元隊員が武器密売で約18年投獄の判決

海外軍事
元・米海軍特殊部隊 SEAL の男に対して 17日、イラクやアフガニスタンからマシンガン、爆発物など軍用品を販売目的に密輸した罪で 17.5年 の刑務所入りの判決が下された。

Nicholas Bickle (PO1 : Petty Officer 1st class) は、2005年 に米海軍特殊部隊 SEAL の称号 "Trident Insignia" を受け、イラクでの 2年 を含む 8年 を海軍で過ごした経歴を持つ。Bickle 側は、先の見えない戦争に就いた兵士にみられる心的外傷後ストレス障害により、善悪の判断が付かなかったことを挙げ、情状酌量の嘆願をおこなっていた。
検察側は弾薬からNVG (Night-Vision Goggle : 暗視ゴーグル)、ハイテクのライフル用ターゲット・スコープといった軍用品の密売を厳しく糾弾。連邦捜査官のおとり捜査で、Bickle の自宅アパートからは二重底になった小型トランクや、スナイパーライフル、AK-47、M92 などの武器が見付かり、また Bickle の友人宅からは 5ポンド の C-4爆薬 が 見付かった。

2010年末に初報が伝えられたこの件、当時の報道によると AK-47 については、ロシアやルーマニア製のもので、少なくとも 84挺 が密輸された。幾つかはイラク軍のマーキングが入ったものであったとし、マシンガンで 1,300ドル、ハンドガンで 300ドル あたりで取引されていた、と伝えられていた。

PilotOnline.com 2012/07/17
Danger Room by WIRED 2010/11/05
Photo : U.S. Navy
Image is for illustration purposes only. Text and photo are not directly related.

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か?
    米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ
    H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ
    米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像
    米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け
    重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か? (2018-04-26 14:55)
     米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ (2018-04-26 13:30)
     H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ (2018-04-26 11:40)
     米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像 (2018-04-25 18:13)
     米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け (2018-04-25 16:12)
     重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備 (2018-04-24 16:37)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop