8/10はバイオの日、キービジュアル&特報が解禁に

映画・テレビ
10月27日(土)より新宿ピカデリーほか全国で公開となる長編フルCGアニメーション『バイオハザード ダムネーション』。
本日 8月10日(金)「バイオ」の日に合わせて、公式ホームページ (www.biohazardcg2.com) 上でキービジュアル&特報が解禁となった。

バイオハザード ダムネーション公式サイト:
http://www.biohazardcg2.com/
10月27日(土)より全国ロードショー

今回のキービジュアルは、舞台となったゴシックホラー的な雰囲気のある東欧の街並みを背景に、主人公のレオン・S・ケネディ、ゲームでも何度も共演しレオンの物語には欠かせないエイダ・ウォン、そして本作品のオリジナルキャラクターであり、物語の重要なカギを握るバディが描かれている。

舞台は東欧へ。
東スラブ共和国内では反政府軍による独立運動がおこり、今や戦乱の地と化していた。
その戦場で生物兵器「B.O.W.」が実戦投入された情報を受け、米国大統領直属エージェント、レオン・S・ケネディは単独潜入する。
その直後、政府事情により、米国は突如同国からの撤退を決め、レオンにも退去命令が下ったのだが?
「B.O.W.を追う手がかりがここにある以上、俺は残る?。」
銃を手に独り戦場に駆けだすレオンだった・・・。

監督:神谷 誠 「バイオハザード ディジェネレーション」/特撮監督「GANTZ」「日本沈没」
脚本:菅 正太郎 「バイオハザード ディジェネレーション」「攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX」
プロデューサー:小林 裕幸 「バイオハザード ディジェネレーション」/「バイオハザード6」
制作:デジタル・フロンティア
テーマソング:「CARRY ON」 土屋アンナ(エイベックス・エンタテインメント株式会社)
製作・著作:バイオハザードCG2製作委員会

配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 

(C) 2012カプコン/バイオハザードCG2製作委員会


同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
ネットフリックスがトム・ハーディー主演シールズ映画「ウォー・パーティー」の製作・配給権を獲得
米ケーブルテレビ運営最大手のコムキャスト社が、元ST6所属経験を持つトップの交代人事を発表
ST6創設期メンバーの素顔が曝され、ヒストリーチャンネルのドキュメンタリー映像に苛立つ元隊員
2019年公開予定、香港発のSFアクション映画『明日戰記 Warriors of Future』
米CBS放送が異例の巨費を投じて海軍特殊部隊ST6を題材としたパイロット版ドラマの撮影を開始
特殊部隊を精力的に追い掛けた女性戦場記者アレックス・クアード氏のドキュメンタリー映画『Danger Close』
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 ネットフリックスがトム・ハーディー主演シールズ映画「ウォー・パーティー」の製作・配給権を獲得 (2017-03-27 15:35)
 米ケーブルテレビ運営最大手のコムキャスト社が、元ST6所属経験を持つトップの交代人事を発表 (2017-03-21 17:07)
 ST6創設期メンバーの素顔が曝され、ヒストリーチャンネルのドキュメンタリー映像に苛立つ元隊員 (2017-03-21 15:14)
 2019年公開予定、香港発のSFアクション映画『明日戰記 Warriors of Future』 (2017-03-21 12:55)
 米CBS放送が異例の巨費を投じて海軍特殊部隊ST6を題材としたパイロット版ドラマの撮影を開始 (2017-03-17 11:55)
 特殊部隊を精力的に追い掛けた女性戦場記者アレックス・クアード氏のドキュメンタリー映画『Danger Close』 (2017-03-17 11:15)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop