NEWS

レーザー動力送信によるUAVの飛行試験を屋外で初実施

海外軍事
Lockheed Martin Corp. と LaserMotive Inc. は、Stalker UAS (Unmanned Aerial System) を使ったレーザー動力送信の試験を屋外で実施したと発表した。

Stalker は、特殊作戦部隊 (SOF : Special Operations Forces) が 2006 年から使用している、小型の ISR (Intelligence, Surveillance and Reconnaissance) 用途向け UAV。そこにレーザーを使って動力源となる電力を送り込むもので、先に風洞内で 48 時間の連続飛行を実現している。

Lockheed Martin 2012/08/07
Illustration : LaserMotive

過去の「UAV レーザー給電システム」関連記事:
特殊作戦部隊向け無人機にレーザー給電システムを実施

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍の新型歩兵装備
    アメリカ陸軍がM870モジュラーショットガンの情報を収集開始
    米陸軍 警護任務向けの9mmサブコンパクトウェポン購入計画の中止を発表
    アメリカ空軍がサバイバルキット用自動小銃GAU-5/Aを刷新
    試練のHK社。ベルリン警察向け『SFP9』×24,000挺の大型採用案件に重大な欠陥が指摘
    米移民税関捜査局(ICE)がM4ライフルの配備を2倍以上に増強へ
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍の新型歩兵装備 (2018-07-17 12:50)
     アメリカ陸軍がM870モジュラーショットガンの情報を収集開始 (2018-07-12 13:33)
     米陸軍 警護任務向けの9mmサブコンパクトウェポン購入計画の中止を発表 (2018-07-12 13:23)
     アメリカ空軍がサバイバルキット用自動小銃GAU-5/Aを刷新 (2018-07-11 11:59)
     試練のHK社。ベルリン警察向け『SFP9』×24,000挺の大型採用案件に重大な欠陥が指摘 (2018-07-09 13:18)
     米移民税関捜査局(ICE)がM4ライフルの配備を2倍以上に増強へ (2018-07-06 20:26)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop