『バイオハザードV:リトリビューション』新着画像が続々登場

映画・テレビ
2012年9月14日(金)より、丸の内ピカデリー他全国ロードショー予定の映画「バイオハザードV:リトリビューション」のキャラクター画像やアップデートされたポスター画像など、新着画像が続々と届いたので、リリースの内容に沿ってそれらのご紹介をおこなおう。

クライマックスへ向けてシリーズは別次元へ! 
究極の体感バトル・アクション、登場!
世界的な人気を誇る日本製ゲームから誕生した、ハイパー・バトル・アクション『バイオハザード』シリーズ。これまで作られた4 作が右肩上がりに興行成績を伸ばし、ゲーム以上の熱狂と興奮を引き起こしているのは周知の通り。とりわけ3D にバージョンアップを遂げた4 作目『バイオハザードⅣ アフターライフ』はそれまでの倍以上に相当する2 億9 千万ドルの世界興収を記録し、シリーズがさらに上の次元に突入したことを証明してみせた。そして2012 年、シリーズの初公開から10年となる区切りの年に、待望の第5作『バイオハザードV : リトリビューション』が、いよいよ世界一斉公開される。

船上のヒロイン、アリスに宿敵アンブレラ社の戦闘機群が迫る、前作のラスト・シーンは大きな反響を呼び起こしたが、本作の物語はそこから始まる。アンブレラ社の要塞のごとき巨大施設に拘束されたアリスのサバイバル・バトルは、これまで以上にミステリアスな色合いを深める。彼女の前に次々と現われる旧知の人物は敵か・味方か? 驚くべき黒幕の正体は? そしてゴールには何が待ち受けているのか?

生ける屍=アンデッドの群れを蹴散らすアリスの活躍という従来のシリーズの魅力を踏襲しながらも、アリスと多彩な戦士たちのハイレベルのバトルを連ねてノンストップで突き進む。ステージをクリアするほどに敵が手ごわくなる盛り上がり、そして次のステージに何が待つのか楽しみになる展開。ゲームのごとき体感アクションのスリルが、これまで以上に押し出されている点は本作の最大の魅力と言えるだろう。

1 作目と4 作目に続いて監督を務めた生みの親ポール・W・S・アンダーソンは、進化した3D 撮影術で“ 攻め” の映像を連ね、見る者を圧倒。彼は6 作でシリーズが完結することを宣言したが、ラスト・ファイトへの序章としても本作は決して見逃すわけにはいかない。

誰が敵で、誰が味方か!?
バイオハザード・オールスターズ、ここに結集!
『バイオハザードV:リトリビューション』はキャラクターの面白さという点でも、シリーズ随一と断言して差し支えない。
ミラ・ジョヴォヴィッチ扮する主人公アリスはアクロバティックな立ち回りで、最強のアクション・ヒロインの貫録を見せつける。彼女にディープに絡んでくるのが、2 作目の盟友でありながら前作のラストで敵として登場した元女性警官ジル、そして1 作目で命を落とすもクローンとなって復活した女性特殊部隊員レイン。彼女たちとアリスとのファイト・シーンは壮絶極まりなく、本作の大きな見せ場となっている。

他にも1 作目のワン隊長や人工知能、通称“ レッド・クイーン”、2&3作目でアリスと行動を共にしたカルロス、4作目で男気あふれる存在感を見せつけたルーサーなど、シリーズの人気キャラが復活を遂げているのはファンには嬉しいポイント。もちろん、前作の悪役でふてぶてしさが魅力のウェスカーも健在だ。


さらにゲーム版の人気キャラクターである女特殊工作員エイダや、レオン、バリーといった戦闘員もスクリーンに初登場。映画オリジナルのキャラクターで、アリスと母娘のような関係を築くクローン少女ベッキーの存在にも注目したいところだ。

クリーチャーでは長い舌を持つモンスター、リッカーや、巨大な斧を武器とする巨人、処刑マジニが進化を遂げて登場する。
加えて、前作の冒頭に出演した日本の人気シンガー、中島美嘉も再び出演を果たし、前作では見られなかったミラとのバトルを演じているのだから見逃せない。

映画版シリーズとゲーム版をクロスオーバーして結集した多彩なキャラクター。そう、これは“ バイオハザード・オールスターズ” が結集したドリームチーム・ムービーでもあるのだ!


ストーリー
巨大企業アンブレラ社が開発したT- ウイルスによって人類が滅亡しかけ、文明も滅びつつある世界。巨大タンカーに囚われていた生存者たちを救ったアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)を襲う、アンブレラ社空挺部隊の猛攻。アリスは船から落下し、海中へと沈んでゆく・・・。
目覚めると、そこは夫や愛娘ベッキー(アリアーナ・エンジニア)に囲まれた、郊外の平和な家庭の朝。そして、それを打ち破るかのようなアンデッドの猛襲。ベッキーを連れて家の外に飛び出したアリスは、死んだはずの元特殊部隊員で、なぜか女子大生となっていたレイン(ミシェル・ロドリゲス)と出会う……これはクローンを使って再現した仮想現実の世界で、アンブレラ社が実験用に作った施設に過ぎなかった。現実のアリスはアンブレラ社の施設に囚われていたのだ。かつての盟友で、マインドコントロールされたまま敵の側に回ったジル・バレンタイン(シエンナ・ギロリー)による拷問まがいの尋問は容赦なく繰り返される。隙を突いて脱出するも、行き着いた先は東京を模した、別の仮想現実ルーム。アンデッドとのバトルを必死にクリアした彼女の前に、エイダ(リー・ビンビン)という女性が現われる。味方であるという彼女は、なんとアリスの宿敵ウェスカー(ショーン・ロバーツ)の部下でもあった。警戒心をぬぐえないアリスだが、海中に深く根を伸ばしているこの巨大施設から脱出するには、エイダの仲間である特殊部隊と合流して手引きしてもらうしか選択肢はなかった。

その頃、レオン(ヨハン・アーブ)やバリー(ケビン・デュランド)らの特殊部隊員たちはこの施設に潜入していた。アリスを救うことに加えて、アンブレラ社のウイルス実験施設を爆破するというミッションを背負い、彼らは危険を顧みず突き進む。一方、アリスはニューヨークを模した仮想現実ルームでクローン・クリーチャーとの戦いを経て、最初に目にした郊外の仮想現実世界に再び行き着く。アンデッドに怯えて隠れていたクローンのベッキーを保護し、生きていたクローンのレインと合流。しかし敵はクリーチャーだけではなかった。アンブレラ社の警備用に作られた、もう一体のレインのクローン、執拗に追ってくるジル、そして予想もしなかった真の黒幕・・・。

アリスは救助隊と合流できるのか? 彼女を助けようとするウェスカーの目的は? ベッキーを守り抜けるか? アリスのラスト・スタンドが今、始まろうとしていた・・・。

『バイオハザード』激闘の10 年をたどる
2002年『バイオハザード』̶̶
非ハリウッド製の娯楽映画に世界が熱狂!
ゲーム・マニアのポール・W・S・アンダーソン監督と、弟がやはりゲーム版の大ファンだったというミラ・ジョヴォヴィッチ。
彼らの強烈な情熱の産物として映画『バイオハザード』は2002 年に産声を上げた。
架空の都市ラクーンシティにある世界有数の製薬会社アンブレラ社の研究施設ハイブで、極秘裏に開発されていた生物兵器“T- ウイルス” が漏れるという大事件の発生から、物語は始まる。数日後、外界と遮断されたハイブに特殊部隊が潜入し、記憶を失って発見された女性アリスも同行することになるが、そんな彼らにウイルスに感染して生ける屍と化した凶暴な人々=アンデッドの群れが襲いかかる。何とか極限状態を生き延びたアリスは、アンブレラ社に拘束され・・・。
ヨーロッパ資本により3300 万ドルで製作された本作は、非ハリウッド作品としては異例の4000 万ドル以上の全米興収を上げ、世界的にも大ヒットを記録した。

2004年『バイオハザードⅡ アポカリプス』̶̶
ゲームの人気キャラ、ジル・バレンタイン登場!
米スクリーンジェムズ社の製作への参入により、スケールアップを遂げたシリーズ第2 弾『バイオハザードⅡ アポカリプス』は2004 年に公開された。T- ウイルスによる汚染はラクーンシティに広まり、封鎖された街は混乱状態にあった。アンブレラ社の施設から解き放たれたアリスは、超人的な身体能力を発揮してアンデッドを蹴散らし、タフな女性刑事ジルらとともに脱出方法を模索する。
前作のアンダーソン監督は製作と脚本に回り、代わって新鋭アレクサンダー・ウィットが監督に。舞台が屋内から街全3域に広がったことでアクションもスケール・アップ。ミラがビルの壁面を駆け下りるなどのダイナミックなスタントが繰り出された。ゲーム版の人気キャラクター、ジルの活躍ぶりが好評を博したことも忘れてはならない。

2007年『バイオハザードⅢ』̶̶
文明は滅び、世界は荒野と化す!
T- ウイルスは世界に蔓延し、今や文明は死に絶えようとしている。砂漠と化した大地を行くアリスは、生存者たちのグループ̶̶通称クレア車団と出会い、汚染が広まっていないと言われるアラスカを目指すことに。しかし、T- ウイルスによる実験を執拗に続けていたアンブレラ社は、貴重な実験台であるアリスの行方を探り当て、その行く手に立ちはだかろうとしていた・・・。
パート3『バイオハザードⅢ』は、アンダーソンのプロデュースの下、『ハイランダー/悪魔の戦士』のラッセル・マルケイ監督を迎えて製作された。アリスのクローンが登場する斬新な設定や、終末的な世界観が好評を呼び、大ヒットを記録。
日本公開日の11月3日にミラがアンダーソンとの間にもうけた第一子を出産するという、二重のおめでたが話題となった。

2010年『バイオハザードⅣ アフターライフ』̶̶
シリーズ初の3Dにアンダーソン監督が復帰!
第4 作『バイオハザードⅣ アフターライフ』では、アンダーソンが久しぶりに監督に復帰。3D フュージョン・カメラ・システムと、最先端のスローモーション撮影技術を駆使し、臨場感あふれる迫力の映像世界を生み出した。
東京にある宿敵アンブレラ社の拠点に乗り込んだアリスは、ウェスカーとの死闘のさなかに血清を打たれ、T- ウイルスを取り込んだことによる特殊能力を奪われる。安住の地を求め、彼女はアラスカ、そしてLA へ。沖の巨大船に生存者たちがいると信じ、アリスと仲間たちは廃墟から船を目指すが、それはアンブレラ社が仕組んだ罠だった・・・。
前作の約2 倍となる3 億ドル近い世界興収を計上。熱狂は『バイオハザードⅤ:リトリビューション』へと続き、そして完結編となる6 作目へ。さらなる高みを目指す『バイオハザード』シリーズから、ますます目が離せない。

シリーズを彩る多彩なキャラクター
●アリス
アンブレラ社の特殊部隊員だったが、その不正を暴くために環境活動家に協力したあげく、T- ウイルス投与の実験台にさ
れてしまう。しかし、驚くべきことにアンデッド化せず、逆にウイルスを取り込んで超人化。体力が飛躍的に向上したばかりか、3作目ではテレパシーをも発揮するようになった。4作目でこの能力を奪われるものの、戦士としての戦闘能力のみで戦い抜いた。

●レイン
アンデッドに噛まれてなお、闘志を失わず戦い続け、壮絶な最期を迎えた女性特殊部隊員。今回は、ごく普通の若い女性と、アンブレラ社の兵士という2 体のクローンとなって登場。

●ジル・バレンタイン
ラクーンシティの勝ち気な女刑事として2作目に登場。アリスと共闘した後、行方がわからなくなっていたが、4作目のラストでアンブレラ社にマインドコントロールされていることが判明。今や敵となり、アリスの捕獲に執念を燃やす。

●エイダ・ウォン
ゲーム版では謎の女スパイとして人気を博しているキャラクター。映画版では今回が初登場となる。ウェスカーの部下で、アリスを助けるためにアンブレラ社の施設に潜入。

●カルロス
2 作目で生き延びた特殊部隊員。3作目ではクレア車団の一員として行動し、アリスとの恋もほのめかされたが、アンデッドに噛まれ、自爆を決意する。クローンとして甦った今回はアリスの夫、そして敵にもなる。

●ルーサー
4 作目でアリスと行動を共にする元NBA プレーヤー。アリスと確かな絆を築き、今回は彼女を救出しようとする部隊の一員として登場する。

●ウェスカー
アンブレラ社の最高幹部。3作目ではチラリと姿を現わしただけだったが、4作目では本格的にアリスとバトルを演じる。新作では一転アリスの味方を自称するが、その真意は?

●レッド・クイーン
アンブレラ社が開発した人工知能で、少女のホログラフで可視化する。1作目ではハイブを、3作目では砂漠の研究施設を制御していた。今回は驚くべき役割が判明。

●ワン隊長
1作目でハイブに潜入した際に、レーザービームによって細切れにされる姿があまりに鮮烈だった特殊部隊隊長。クローン兵士となって復活し、アリス捕獲のミッションを担う。

●レオン・S・ケネディ
ゲーム版の人気キャラクター。フルCG アニメーション『バイオハザード ディジェネレーション』(08)、『バイオハザード ダムネーション』(12)では主人公。実写版では今回が初登場。アリス救出の命を受けた工作員として活躍をみせる。

●バリー
ゲーム版では銃火器のエキスパートであるジルのパートナー。映画初登場となった本作ではレオンとともにアリス救出に奔走。土壇場で男気を発揮する、味なキャラクターだ。

●第一感染者
4作目の冒頭、東京・渋谷のスクランブル交差点でアンデッド化した日本人の女の子。ここでは実験用のクローンとして、アリスに襲いかかる。

●リッカー
アンブレラ社がT- ウイルスの実験によって生み出した破壊モンスターで、長い舌がトレードマーク。1作目では最強の敵としてアリスと戦い、2作目では教会で生存者たちを襲撃した。新作では巨大化して進化を見せつける。

●処刑マジニ
ゲーム版では難敵として知られている、頭巾姿の異様なクリーチャー。映画版では4作目に初登場し、巨大な斧を振るってアリスを苦しめた。今回は2体が登場し、やはりアリスとバトルを演じる。

バイオハザードⅤ リトリビューション
http://www.biohazard5.jp
2012 年アメリカ映画/スコープサイズ/ SDDS/SR*D /本篇上映時間:1 時間36 分/全5巻
3D・2D・IMAX(3D のみ)/字幕・吹替え/原題:Resident Evil: Retribution
字幕翻訳:太田直子
配給 : ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

© 2012 Sony Pictures Digital Inc. All rights reserved.

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
    1980年「駐英イラン大使館占拠事件」を描く話題のSAS映画「6 Days」の公式トレーラー拡大版が公開中
    ヒストリーチャンネル8・9月放送「自衛隊特集」に日本初放送「第1連隊レンジャー」&TV初潜入「P-1」開発秘話
    8/17に映画『ダンケルク』×Wargamingサバイバル試写会を実施。5組10名をご招待
    海兵隊遺産基金の劇場オープンに合わせて制作されたドキュメンタリー映像「WE, THE MARINES」
    バイオテロを阻止する女性CIAエージェントを描いたアクションスリラー映画『Unlocked』
    「SEAL隊員としてハマリ役の俳優は誰?」米海軍協会がWEB投票を実施。最下位も併せて発表
    同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
     1980年「駐英イラン大使館占拠事件」を描く話題のSAS映画「6 Days」の公式トレーラー拡大版が公開中 (2017-08-07 19:47)
     ヒストリーチャンネル8・9月放送「自衛隊特集」に日本初放送「第1連隊レンジャー」&TV初潜入「P-1」開発秘話 (2017-08-04 18:29)
     8/17に映画『ダンケルク』×Wargamingサバイバル試写会を実施。5組10名をご招待 (2017-08-03 20:10)
     海兵隊遺産基金の劇場オープンに合わせて制作されたドキュメンタリー映像「WE, THE MARINES」 (2017-08-02 14:10)
     バイオテロを阻止する女性CIAエージェントを描いたアクションスリラー映画『Unlocked』 (2017-07-21 17:21)
     「SEAL隊員としてハマリ役の俳優は誰?」米海軍協会がWEB投票を実施。最下位も併せて発表 (2017-07-19 14:00)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop