NEWS

米海軍特殊部隊 SEALs は洋上作戦のルーツへ回帰する

海外軍事
この10年で 2つ の陸地での戦争を経験した米海軍特殊部隊 SEALs。
NSW (Naval Special Warfare : 海軍特殊戦) の Travis Schweizer 大尉は、彼らの「エラ」は乾き切ったものになっている、と語るも、米軍の戦局は「太平洋」に向かい、再び彼らは「ウェットな状態」に戻ることになるだろうと、語った。
現在、SEALs はほぼ全ての大陸に駐留し、前線での展開、訓練を含めて 70% ほどを陸地で過ごしている。2003年以来、特殊作戦の需要が高まる中で、SEALs の稼働率が非常に高い水準となっている。
SEALs では、人材以外にも新技術の導入計画を積極的に進める、としており、その最優先事項としては、戦術用偵察無人機 Scan Eagle の代替が掲げられている。イラク・アフガンの戦争で大きな実績を挙げたこの戦術用無人機は、より大きなペイロードの獲得により、更に多くのシーンで活躍が期待されている。現在保有する 108機 の Scan Eagle は維持され、NSW では更に追加で 25機 の STUAS (Small Tactical UAS) の調達を希望している。また、Mark VI パトロール舟艇をはじめとした様々な舟艇や、ヘリコプターでのアプローチを可能とする洋上基地 (AFSB : Afloat Forward Staging Base) の手配も待たれており、現在 4つ の AFSB が建設中とのこと。こうした新たな対策は、精密誘導ミサイルで武装した潜在的な敵勢力への「アクセス」を狙ったものと位置付けている。

National Defense Magazine 2012/09/13
U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 2nd Class Meranda Keller/Released
Image is for illustration purposes only. Text and photo are not directly related.


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態 (2017-04-25 20:15)
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop