NEWS

米海軍特殊部隊 SEALs は洋上作戦のルーツへ回帰する

海外軍事
この10年で 2つ の陸地での戦争を経験した米海軍特殊部隊 SEALs。
NSW (Naval Special Warfare : 海軍特殊戦) の Travis Schweizer 大尉は、彼らの「エラ」は乾き切ったものになっている、と語るも、米軍の戦局は「太平洋」に向かい、再び彼らは「ウェットな状態」に戻ることになるだろうと、語った。
現在、SEALs はほぼ全ての大陸に駐留し、前線での展開、訓練を含めて 70% ほどを陸地で過ごしている。2003年以来、特殊作戦の需要が高まる中で、SEALs の稼働率が非常に高い水準となっている。
SEALs では、人材以外にも新技術の導入計画を積極的に進める、としており、その最優先事項としては、戦術用偵察無人機 Scan Eagle の代替が掲げられている。イラク・アフガンの戦争で大きな実績を挙げたこの戦術用無人機は、より大きなペイロードの獲得により、更に多くのシーンで活躍が期待されている。現在保有する 108機 の Scan Eagle は維持され、NSW では更に追加で 25機 の STUAS (Small Tactical UAS) の調達を希望している。また、Mark VI パトロール舟艇をはじめとした様々な舟艇や、ヘリコプターでのアプローチを可能とする洋上基地 (AFSB : Afloat Forward Staging Base) の手配も待たれており、現在 4つ の AFSB が建設中とのこと。こうした新たな対策は、精密誘導ミサイルで武装した潜在的な敵勢力への「アクセス」を狙ったものと位置付けている。

National Defense Magazine 2012/09/13
U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 2nd Class Meranda Keller/Released
Image is for illustration purposes only. Text and photo are not directly related.

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop