NEWS

旧ブラックウォーター、反米地域での諜報員養成訓練を担当か

海外軍事 Comments(0)
米国防総省は "PMC" (Private Military Company : 民間軍事会社) の代名詞的存在であった 旧 Blackwater (ブラックウォーター、前 Xe、現 Academi) を含む PSC (Private Security Companies : 民間警備会社) 6社 に対して、海外で展開する諜報要員の養成訓練に関する契約を交わした。契約は 5年・200億ドル の内容となっている。旧ブラックウォーター社は、武器密輸など違法な武器取り引きによって、米国の裁判所から罰金を貸せられている
米国 DIA (Defense Intelligence Agency : 国防情報局) が 20日 に発表した内容によると「海外で派遣される事前準備で、敵国や紛争下の危険地帯、厳しい環境下で生き抜き、諜報活動を完遂させる技術についての訓練を担当する」としている。とりわけ中東で「反米」を掲げる地域がクローズアップされる見込み。
Academi 社のスポークスマンは「今回の契約に関して、契約が確定するまでの間、コメントを差し控える」とのこと。

Danger Room by WIRED 2012/09/21
Russia Today 2012/09/22
Photo: Wikimedia Commons
Image is for illustration purposes only. Text and photo are not directly related.


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop