NEWS

旧ブラックウォーター、反米地域での諜報員養成訓練を担当か

海外軍事
米国防総省は "PMC" (Private Military Company : 民間軍事会社) の代名詞的存在であった 旧 Blackwater (ブラックウォーター、前 Xe、現 Academi) を含む PSC (Private Security Companies : 民間警備会社) 6社 に対して、海外で展開する諜報要員の養成訓練に関する契約を交わした。契約は 5年・200億ドル の内容となっている。旧ブラックウォーター社は、武器密輸など違法な武器取り引きによって、米国の裁判所から罰金を貸せられている
米国 DIA (Defense Intelligence Agency : 国防情報局) が 20日 に発表した内容によると「海外で派遣される事前準備で、敵国や紛争下の危険地帯、厳しい環境下で生き抜き、諜報活動を完遂させる技術についての訓練を担当する」としている。とりわけ中東で「反米」を掲げる地域がクローズアップされる見込み。
Academi 社のスポークスマンは「今回の契約に関して、契約が確定するまでの間、コメントを差し控える」とのこと。

Danger Room by WIRED 2012/09/21
Russia Today 2012/09/22
Photo: Wikimedia Commons
Image is for illustration purposes only. Text and photo are not directly related.

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施
    コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売
    米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出
    IWI 7.62X51mm弾を使用するブルパップライフル「タボール7」を発売
    2019年に近接戦闘部隊で女性にも門戸開放を予定している英軍は、特殊部隊SAS選抜過程の緩和を検討か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施 (2017-12-11 18:40)
     コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売 (2017-12-08 14:07)
     米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出 (2017-12-08 13:46)
     IWI 7.62X51mm弾を使用するブルパップライフル「タボール7」を発売 (2017-12-08 12:19)
     2019年に近接戦闘部隊で女性にも門戸開放を予定している英軍は、特殊部隊SAS選抜過程の緩和を検討か (2017-12-07 17:16)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop