「スナイパー ゴーストウォリアー2」公式サイト公開

ビデオゲーム

この一発がすべてを終わらせる・・・スナイパー ゴーストウォリアー2がついに日本上陸!
狙撃に特化したゲーム性で、話題を呼び全世界で大ヒットしたFPS「スナイパー ゴーストウォリアー」。

従来のFPSとは異なり、敵地に潜み、一撃必殺でターゲットを仕留めなければならない緊張感が常に保たれるアクションゲームだ。そして2013年、さらなる進化を遂げた続編がついに登場!グラフィックやAIなど様々な要素が、よりリアルになった戦場を体感せよ。

物語のあらすじと展開
主人公は、アメリカ陸軍特殊部隊所属のスナイパー「アンダーソン」。そして彼と共に任務にあたるスポッターの「ディアス」は、フィリピンにて兵器密売を阻止するための「クォーターバック作戦」へと参加することに。

彼らの任務は生物兵器の取引が行われる現場に潜入し、関係している者を全て掃討せよとの命令だった。
だが、その取引現場でアンダーソンが目にしたのは、過去に自分を陥れる原因となった人物の姿だった。
これはあの狡猾なロシア人が、チームを誘い込むために仕掛けた罠だということにアンダーソンは気づくが、歯車はすでに狂い始めていたのだった・・・

そして数々の任務を進めるなかで、アンダーソンを襲った悲劇の全貌が徐々に明らかになっていく。

◆物語の展開◆
ゲーム序盤は、主人公と相棒が任務に就くところから始まるが、そこに深くかかわる「過去の物語」が存在する。時間軸が変化しながら、次第に明らかになる謎。
単なるスナイパーとしての任務を描くだけではない、映画的かつ重厚なストーリー展開に引き込まれる!
「スナイパー ゴーストウォリアー2」公式サイト:
http://www.cyberfront.co.jp/title/sniper_gw2/







注目ポイント
CryEngine3が可能にしたリアルな狙撃アクション
本作で新たに導入されたゲームエンジン「CryEngine3」により、スナイパーとしてのリアルな狙撃とスタイリッシュな演出が可能になった。

風や主人公の周囲の状況が狙撃に影響するようなリアルな物理演算システムを搭載し、さらに遠距離の狙撃も可能になったことで、より現実の狙撃手に近い感覚を味わえる。
ただ狙撃するだけではなく、仲間のスポッターに狙撃をアシストしてもらったり、連携して攻撃することもできる。任務の舞台となるジャングルや山岳地帯が美麗なグラフィックで再現され、狙撃時のカメラ演出や爆発も、迫力の映像表現で戦場への没入感を高めている。仲間のアシストや指示、そして敵がどのような攻撃を行ってくるかを決定する重要な機能である「AI」も今回新たに開発。より現実味のある戦闘がプレイヤーの目前で繰り広げられる。


弾道や狙撃距離
ミッションによっては、1km以上離れたターゲットを狙撃しなければならないこともあり、いかに着弾点を正確に予想するかが重要となる。現実世界同様、ゲーム内でも様々な要素が弾道に影響するのだ。
■風向:
風向きは一番弾道に影響しやすい要素だ。風の強さや方角を的確に把握し、どの程度ずれるかを予想せよ。
■重力:
現実の世界と同様に、ゲーム内でも銃口から発射された弾丸は重力の影響を受け、弾道は放物線状になる。単純に狙っただけでは、目標よりも手前に着弾してしまうのだ。
■呼吸:
銃を構えた場合、呼吸によって体は上下し常に手元にブレが生じる。息を殺すことで集中した状態を作り出して、弾道への影響を最小限にすることが可能だ。ただし走った直後などですぐに息が整えられない場合もあり、その際の狙撃はかなり不安定になることだろう。
■姿勢:
体のブレをより少なくするには、安定した姿勢をとることももちろん重要だ。ただ立って狙うよりも、膝をついたり腹這いになったほうが安定して狙える。
■照準アシスト:
狙撃に慣れていないプレイヤーは、これらの要素全てを把握するのが難しいこともあるだろう。そんなときは、照準とは別に実際の着弾点を赤くマークしてくれる、アシスト機能が便利だ。もちろんゲームの難易度を高く設定している場合には使えないので、上級者のプレイの妨げになることもない。

スポッターとのツーマンセル
スナイパーである主人公は、相棒の「スポッター」とツーマンセルを組むことになる。スポッターとは観測手とも呼ばれ、狙撃の補助をしてくれる頼もしい仲間だ。

基本的には、狙撃時に周囲の状況を確認し、目標についての情報などを細かく教えてくれる。狙撃ポイントまでの移動や、敵地脱出のサポートを行ってくれる以外に、2人で敵を挟み撃ちにするような攻撃を仕掛ける場面も出てくるだろう。
ただ指示を受け、ターゲットを狙撃するだけではない、スポッターとの連携を重視したリアルなスナイピングアクションを体感せよ。





バレットカメラによる狙撃演出
一撃必殺の狙撃をするのがプロのスナイパーだ。
本作では「バレットカメラ」機能によって、狙撃が上手くいくほど派手な演出が楽しめる。敵の頭を貫通するような狙撃が出来れば、銃弾発射から着弾までを臨場感たっぷりにプレイバックできるだろう。即死した敵が後方に倒れ込み、背後の崖や海にそのまま落ちてしまえば完璧だ。他の敵兵に死体を発見される危険もなくなるだろう。


爆発物の活用
敵が大勢いるような場所で、攻撃に気付かれる可能性が高い場合はどうしたらいいだろうか?
周囲に爆発物があれば、一気に片を付ける事も可能だ。例えば敵の腰にぶら下げている手榴弾や、車両の燃料タンクを狙って撃てば、大きな爆発を引き起こして複数の敵を一度に倒すことが出来る。潜入したら、建物の近くにあるドラム缶など周囲の確認も怠らないようにしよう。時には大胆な攻撃で、効率良く敵を排除することも重要な戦略なのだ。



赤外線/暗視スコープ
敵地に潜んでいる場合、全てが自分の目で判断できるわけではない。
夜間は勿論のこと、建物の陰で敵が上手く視認できない場合などは、赤外線スコープや暗視スコープを活用しよう。「あそこの陰に敵がいるけれど、何人いるのかわからない・・・」という時に、赤外線スコープで見てみれば発見が容易だ。ただしこれらの機材はバッテリー式であり、ずっと使用できるわけではないので、必要な時を見極めて利用しよう。



狙撃システム&武器
ゲームの最重要ポイントは「速やかに確実に敵を狙撃する」ことだ。狙ったターゲットは一発で仕留めるのが優秀なスナイパー。ターゲットの周囲にも気を配り、攻撃を悟られてはならない。静かに、息をひそめて潜入せよ。

Cheytac M200
CHEYTAC社によるボルトアクション式長距離用狙撃銃。長距離を狙う際の命中率が高いことで有名。


Remington MSR
レミントン・アームズがアメリカ陸軍用に特別開発した最新のボルトアクション式狙撃銃。


M24
レミントン・アームズによるボルトアクション式狙撃銃。日本でも自衛隊が「対人狙撃銃」として導入している。

キャラクター紹介

コール・アンダーソン (主人公・スナイパー)
海兵隊出身で、現在はアメリカ陸軍特殊部隊所属のスナイパー。世界各国での任務を経験してきた優秀な兵士である。命令に忠実で、冷静に任務を遂行する非情さを持つ一方で、過去の任務での事件により、その時のことを後悔し続けるような人間的な一面を持つ。


ディアス (スポッター)
アンダーソンの現在の仲間であるCIA特別テロ班。軽口を叩きながらも、狙撃任務を細かくサポートしてくれる有能なスポッター。戦場では一番に信頼できる相棒だ。


カール・マドックス (スポッター)
アンダーソンの相棒。二人で組んだサラエボでの任務での事件により、彼らに「悲劇」が襲う。


メリノフ (CIA連絡員)
CIA連絡員であり、サラエボの任務でアンダーソンたちの案内人となったロシア人。臆病者で自己中心的なインチキ野郎。

ミッション内容&マルチプレイ
ゲーム序盤のミッション「オペレーション・クォーターバック」の流れを解説。
オペレーション・クォーターバック
フィリピンの兵器取引現場に潜入し、生物兵器がテロ組織の手に渡る前に阻止せよ。アンダーソンとディアスは狙撃チームとなり、メインの強襲部隊とは分かれて行動することになる。


1. スタート地点
ディアスと二人でジャングルの水辺から移動を開始。ギリースーツを着用し、頭を低くして見つからないように気をつけよう。

2. ボート
敵のいる桟橋にボートが接近している。いったんボートをやり過ごしてから、周囲の敵を一掃する方がいいだろう。

3. 野営地を発見
敵の野営地を発見したら、攻撃のための準備に移ろう。敵を観察しやすい場所を選び、狙撃地点とするのだ。

4. 狙撃地点確保
狙撃地点へ移動したら、武器を用意し、一か所に腰を据えて狙撃する態勢を整える。スポッターであるディアスの指示を注意深く聞きながら、強襲部隊の援護を行おう。

マルチプレイ
1人で任務を遂行するシングルプレイ以外に、最大12人のマルチプレイで、友達や他のプレイヤーと遊ぶこともできる。ゲームに参加する一人一人がスナイパーなので、他のFPSにはない、狙撃をメインにした対決を楽しもう。

スナイパー ゴーストウォリアー2
発売日 : 2013年発売予定
価格 : 8,190円(税込)
プラットフォーム : PlayStation®3 / Xbox360 / PC
ジャンル : FPS
プレイ人数 : 1人(オンライン時最大12人)
CERO審査 : 審査予定

「スナイパー ゴーストウォリアー2」公式サイト:
http://www.cyberfront.co.jp/title/sniper_gw2/

Sniper: Ghost Warrior 2 © 2012 City Interactive S.A., all rights reserved. Published and developed by City Interactive S.A. Sniper: Ghost Warrior 2 is a trademark of City Interactive S.A. All rights reserved. Portions of this software are included under license © 2004-2012 Crytek GmbH. All rights reserved. ©2009 Valve Corporation. Steamworks and the Steamworks logo are trademarks and/or registered trademarks of Valve Corporation in the U.S. and/or other countries “PlayStation” and the “PS” Family logo are registered trademarks and “PS3” and the PlayStation Network logo are trademarks of Sony Computer Entertainment Inc. “Blu-ray Disc” and “BD” are trademarks. Microsoft, Xbox, Xbox 360, Xbox LIVE, and the Xbox logos are trademarks of the Microsoft group of companies and are used under license from Microsoft. All rights reserved.

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事画像
    「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴
    カラシニコフ社による公式ライセンスを受けた「初」のオンラインゲーム『キャリバー(Caliber)』が登場
    発売が待ち遠しい「ゴールド エディション」。「バイオハザード7」を締め括る2つのエピソードの最新映像が公開
    狙撃を極めろ!『スナイパーゴーストウォリアー3』発売記念イベントが開催
    「バイオハザード」Umbrella特殊部隊仕様のハンクモデル・タクティカルベストが発売
    「VOLK TACTICAL GEAR」と『バイオハザード7』のコラボグッズがイーカプコン限定で登場
    同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事
     「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴 (2017-11-10 11:29)
     カラシニコフ社による公式ライセンスを受けた「初」のオンラインゲーム『キャリバー(Caliber)』が登場 (2017-10-26 12:24)
     発売が待ち遠しい「ゴールド エディション」。「バイオハザード7」を締め括る2つのエピソードの最新映像が公開 (2017-10-17 22:09)
     狙撃を極めろ!『スナイパーゴーストウォリアー3』発売記念イベントが開催 (2017-10-16 18:18)
     「バイオハザード」Umbrella特殊部隊仕様のハンクモデル・タクティカルベストが発売 (2017-09-11 20:30)
     「VOLK TACTICAL GEAR」と『バイオハザード7』のコラボグッズがイーカプコン限定で登場 (2017-08-31 16:26)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop