NEWS

中国版 MQ-9 Reaperクローン UAV

海外軍事
中国の軍事情報を扱うネットフォーラムによると、広東省 珠海 で 11/13~18 の会期で開催される "Zuhai Air Show" において中国版 MQ-9 Reaper、"Wing Loong (Pterodactyl)" が姿を現す予定、とのこと。名前は、中国で発見された最古 (ジュラ紀) の「翼竜」(Wing Loong) "Pterodactyl" (プテロダクティルス) に由来したもので、サイズ感こそ異なるものの、外観は米空軍の MQ-9 Reaper と瓜二つ。
米国の外交・安全保障を専門とした Foreign Policy (電子版) によると、機体側面に記された 15発分 のミサイル・マークや、20個 の赤い星マークが演習での成功回数に何らか関係するもの、と記されている。この機体を巡っては、少なくとも 2つ の正体不明なミサイルを搭載し、既に海外市場での営業開拓がおこなわれているとも考えられている。

CDC 2012/11/08
Business Insider 2012/11/08
Foreign Policy 2012/11/09


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用 (2017-03-29 16:14)
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop