「メダルオブオナー」DEVGRU隊員7名が機密漏洩で処罰

ビデオゲーム
NSWC (Naval Special Warfare Command : 米海軍特殊戦コマンド) は、機密情報の漏洩と、不許可の下で正規装備品の利用をおこなったとして、海軍特殊部隊 SEALs Team 6 (a.k.a. DEVGRU) 現役隊員 7名 に対して職務規定違反で処罰したことを発表した。初報した CBS News によると、7名 の DEVGRU (Development Group : 海軍特殊戦開発グループ) 隊員は、ゲーム大手 Electronic Arts 社の新作ミリタリー FPS (First-Person Shooter : 一人称視点シューティングゲーム) "Medal of Honor: Warfighter" の制作過程で、春と夏の 2日、オフの日を使って有償での技術的協力 (Consultants) をおこなったとするもの。7名 の中には、Osama bin Laden 急襲作戦のメンバーも含まれていたことが記されている。処罰は、7名 全員に対して戒告文書の通告と、2ヶ月間 に渡って 50% の減給処分が下された。以前に在籍した別の 4名 についても現在 調査をおこなっているとのこと。また CBS News では「特殊部隊隊員として在任期間中の今回のような不名誉な懲戒処分によって、今後彼らの将来的な昇進は事実上閉ざされたものになるだろう」とし、Los Angeles Times では「SEAL 隊員として継続することは難しい」としたテキストを掲載、事実上の退職勧告に繋がることを示している。

CBS News 2012/11/08
NavyTimes 2012/11/08
Los Angeles Times 2012/11/09
A screenshot of Medal of Honor: Warfighter, from Electronic Arts
Image is for illustration purposes only.

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事画像
    『ゴーストリコン ワイルドランズ』の大型アップデートで、『スプリンターセル』「サム・フィッシャー」の参戦決定
    「新作『ターミネーター』が2018年6月にクランクイン」アーノルド・シュワルツェネッガーが明かす
    ユービーアイソフトが『スナイパー ゴーストウォリアー3』のマルチプレイ追加を発表
    サバイバルゲームでも活躍間違い無し、カプコン「バイオハザード」公式BSAAアイテムが6月・7月に発売
    ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似
    新作FPS『Insurgency: Sandstorm』のティザートレーラーが公開
    同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事
     『ゴーストリコン ワイルドランズ』の大型アップデートで、『スプリンターセル』「サム・フィッシャー」の参戦決定 (2018-04-10 16:51)
     「新作『ターミネーター』が2018年6月にクランクイン」アーノルド・シュワルツェネッガーが明かす (2018-03-09 19:23)
     ユービーアイソフトが『スナイパー ゴーストウォリアー3』のマルチプレイ追加を発表 (2018-03-09 19:06)
     サバイバルゲームでも活躍間違い無し、カプコン「バイオハザード」公式BSAAアイテムが6月・7月に発売 (2018-03-06 17:02)
     ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似 (2018-02-21 17:11)
     新作FPS『Insurgency: Sandstorm』のティザートレーラーが公開 (2018-02-08 19:11)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop