NEWS

元米海軍特殊部隊 SEAL の宇宙飛行士が3/27に飛び立つ

海外軍事
元・米海軍特殊部隊 SEAL チーム員の肩書きを持つ NASA (National Aeronautics and Space Administration : 米航空宇宙局) の宇宙飛行士、Chris Cassidy 氏が、2名 のロシア人飛行士と共に、3/27 の国際宇宙ステーション (ISS : International Space Station) へ向けた打ち上げを待っている。Christopher J. Cassidy (クリストファー・キャシディ) 氏は、マサチューセッツ州生まれの 43 歳。海洋工学修士を持ち、米海軍特殊部隊 SEAL に 10 年所属、アフガニスタンや地中海沿岸での展開経験を持つ。2004 年に NASA 宇宙飛行士として選抜され、2009 年に日本の若田光一 宇宙飛行士も参加した国際宇宙ステーション組み立てミッション "STS-127" で初飛行を経験している。

Florida Today 2013/01/17 via NavySeals.com
Christopher J. Cassidy Biographies
About STS-127 Mission
Japanese Experiment Module "Kibo"
U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 2nd Class Dominique M. Lasco/Released

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する
    「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは?
    作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」
    ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される
    ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」
    フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する (2017-08-18 12:01)
     「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは? (2017-08-18 11:42)
     作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」 (2017-08-17 07:11)
     ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される (2017-08-17 06:53)
     ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」 (2017-08-17 06:38)
     フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画 (2017-08-17 06:24)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop