NEWS

元米海軍特殊部隊 SEAL の宇宙飛行士が3/27に飛び立つ

海外軍事
元・米海軍特殊部隊 SEAL チーム員の肩書きを持つ NASA (National Aeronautics and Space Administration : 米航空宇宙局) の宇宙飛行士、Chris Cassidy 氏が、2名 のロシア人飛行士と共に、3/27 の国際宇宙ステーション (ISS : International Space Station) へ向けた打ち上げを待っている。Christopher J. Cassidy (クリストファー・キャシディ) 氏は、マサチューセッツ州生まれの 43 歳。海洋工学修士を持ち、米海軍特殊部隊 SEAL に 10 年所属、アフガニスタンや地中海沿岸での展開経験を持つ。2004 年に NASA 宇宙飛行士として選抜され、2009 年に日本の若田光一 宇宙飛行士も参加した国際宇宙ステーション組み立てミッション "STS-127" で初飛行を経験している。

Florida Today 2013/01/17 via NavySeals.com
Christopher J. Cassidy Biographies
About STS-127 Mission
Japanese Experiment Module "Kibo"
U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 2nd Class Dominique M. Lasco/Released


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態 (2017-04-25 20:15)
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop