NEWS

FNH製 RWSがRenaultとStreitの車両に採用

海外軍事 Comments(0)
Renault Trucks Defense と Streit が、FN Herstal 製の RWS (Remote Weapon Station)・deFNder の採用を決めた。deFNder を装備した両社の車両は、2013/2/17-21 にかけて Abu Dhabi で開催する IDEX 2013 展示会に出展の予定。
Renault Trucks Defense は FN MAG 機関銃付きの deFNder Light を Sherpa SW に搭載、Streit は FN M3R 機関銃付きの deFNder Medium を Scorpion 4x4 に搭載する。
deFNder は中・軽量級の車両に搭載する狙いで開発した RWS で、市街戦や不正規戦での使用を想定して独自の先回俯仰機構を取り入れたとしている。Light は 5.56mm~7.62mm の機関銃を、Medium はさらに 40mm 擲弾発射器や 12.7mm 機関銃 FN M3R を装備可能。また、同じ通信プロトコルで各種デバイスを接続できる Renault Trucks Defense の Battlenet コンセプトを取り入れた。

FN Herstal 2013/02/07

過去の「Remote Weapon Station」関連記事:
遠隔操作式銃架を搭載した無人水上航走体「DragonSpy」
米陸軍、M153 CROWSの累計生産が1万基突破を発表


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
ドイツ軍特殊部隊KSK/KSMの新型制式小銃『G95K』用にEOTech「EXPS3-0」「G33ブースター」を調達
トヨタ製『ランドクルーザー70』をベースとするチェコ陸軍の次期軽戦闘車輌が「NATOデイズ」で展示
ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
 ドイツ軍特殊部隊KSK/KSMの新型制式小銃『G95K』用にEOTech「EXPS3-0」「G33ブースター」を調達 (2018-09-19 14:51)
 トヨタ製『ランドクルーザー70』をベースとするチェコ陸軍の次期軽戦闘車輌が「NATOデイズ」で展示 (2018-09-19 11:31)
 ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に (2018-09-18 14:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop