NEWS

ビン・ラディン殺害実行の元隊員が実行「15秒」とその後を詳述

海外軍事
Osama bin Laden 邸の急襲作戦を実行した ST6 (SEALs Team 6, a.k.a. DevGru) メンバーで、容疑者の額に撃ち込んだ元隊員 "Shooter" が Esquire (エスクァイア) 誌 3 月号のインタビュー記事で作戦実行時の赤裸々な真相とその後の様子を語った。
記事は米 NPO (Non-Profitable Organization : 非営利団体) の CIR (Center for Investigative Reporting : 調査報道センター) の協力によるもので、作戦当時の詳細を述べると同時に、退役後に米国政府からのケアが何ら施されなかったことも詳述している。隊員は恩給や医療保護を受けておらず、自身や家族に対する報復の危険に対する政府の保護がおざなりにされ、生活苦にあえいでいるとのこと。急襲作戦については、Abbottabad の邸宅に居た Bin Laden 容疑者は混乱した様子だったとし、指名手配書 (Target ID) に示されていたよりも容疑者の背丈が高い印象を受けたことを語っている。Shooter は、Bin Laden 容疑者を確認すると即座に 2 度、その額へ撃ち込み、対決の全容はわずか 15 秒だったとしている。

Esquire 2013/02/11
Space War 2013/02/11
Daily Mail 2013/02/11
Russia Today 2013/02/11

過去の「Osama bin Laden 急襲作戦 暴露本」関連記事:
ビン・ラディン急襲作戦の影で活躍した女性CIAの存在
「ビン・ラディン急襲作戦」暴露本の著者が判明
元DEVGRU隊員がビンラディン急襲作戦の暴露本を出版へ


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画
コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)
 米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画 (2017-03-24 16:48)
 コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表 (2017-03-24 13:52)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop