NEWS

「ビン・ラディン殺害」の実行射手は人違い?

海外軍事
"The 21st Century Sniper" や "The Red Circle" の著書でも知られる元・米海軍特殊部隊 SEALs 隊員 Brandon Webb 氏が編集主任を務める "SOFREP" で、「Osama bin Laden の頭を撃ち抜いた」とする "Shooter" の証言内容に疑問の声が挙がっている。問題の記事は、Esquire (エスクァイア) 誌 3 月号のインタビュー記事で、SEALs Team 6 (a.k.a. DevGru) 隊員が Abbottabad の Bin Laden 邸宅を夜襲する作戦に参加し、Bin Laden の殺害を実行後、政府からケアがなされず、生活が困窮したとされる証言。SOFREP では証言内容を検証、実際にトリガーを引いた Shooter は現在もまだ Navy SEALs として DevGru に居り活躍している点など、幾つかのあり得ないような不審点を挙げている。Esquire の Shooter は確かにその場に居たメンバーだとするも、彼がトリガーを引き、Osama bin Laden 容疑者を死に至らしめた人物ではないとのこと。特殊部隊情報を扱うウェブサイトの中でもとりわけ影響力と権威のある SOFREP からの提起だけに、今後の波紋にも注目が集まる。

SOFREP 2013/03/25

過去の「オサマ・ビン・ラディン殺害 シューター」関連記事:
ビン・ラディン殺害実行の元隊員が実行「15秒」とその後を詳述
ビン・ラディン急襲作戦の影で活躍した女性CIAの存在
「ビン・ラディン急襲作戦」暴露本の著者が判明


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画
コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)
 米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画 (2017-03-24 16:48)
 コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表 (2017-03-24 13:52)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop