NEWS

2020年までに米国内で1万機以上の無人機、米連邦航空局予測

海外軍事
Russia Today によると、米連邦航空局 (FAA : Federal Aviation Administration) は、2020 年までに米国内で 10,000 機以上の UAV (Unmanned Arial Vehicle) が就役し、現状の航空事情を鑑みた場合、UAS (Unmanned Aircraft Systems) 産業は 2032 年まで急速に拡大すると予測。米国内だけでも 50 以上の企業、大学、政府機関が 155 以上の無人機のデザイン開発を進めているとのこと。国内での無人機運用の需要が高まる一方で、プライバシー侵害、職権乱用といった問題を抱えている。

Russia Today 2013/03/26

U.S. Air Force photo
Text and photo are not directly related.

過去の「増加する無人機」関連記事:
米議員が「無人機攻撃で4,700名殺害」と発言
米軍、軍用機の3分の1が無人機に


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop