NEWS

DevGru メンバーがパラシュート降下訓練中の事故で死亡

海外軍事

米海軍は 3/29、東海岸の NSW (Naval Special Warfare) 、Virginia Beach に拠点を置く海軍特殊部隊 Navy SEALs メンバー 1 名の死亡と、1 名の負傷を伝えた。軍スポークスマンによると、2 名の死傷者を出した事故は、3/28 (木) 12:30 頃、Arizona 州 Pinal Airpark にある USSOCOM の訓練施設で、パラシュートを使ったフリーフォール訓練をおこなっていた際に起きたもの。両名共にベテランのジャンパーだったとのこと。事故を報じた AP 通信によると「死亡したのは、Brett D. Shadle 氏 (31歳)で、ST6 (SEALs Team 6, a.k.a. DevGru) メンバー」としている。一方の負傷したメンバーの名前は明らかにされていない。死亡した Shadle 氏は、2000 年 7 月海軍に入隊し、2002 年に SEAL としてのキャリアがスタート。イラク、アフガンでの戦争に参加し、その勇気ある活動で 2 回の Bronze Star メダルが授与されている。軍当局は、事故の原因について調査を継続する方針。ST6 は、Osama bin Laden 容疑者の急襲作戦を成功裏に収めた、SEAL チームの志願者の中から選抜される米軍最精鋭のメンバーが集まるユニット。

U.S. Navy 2013/03/29
U.S. Military "Early Bird" 2013/03/31
Channel 3 / wtkr.com 2013/03/29
abc27.com 2013/03/30

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か?
    米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ
    H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ
    米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像
    米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け
    重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か? (2018-04-26 14:55)
     米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ (2018-04-26 13:30)
     H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ (2018-04-26 11:40)
     米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像 (2018-04-25 18:13)
     米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け (2018-04-25 16:12)
     重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備 (2018-04-24 16:37)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop