NEWS

スマホで操作、トンボ型飛翔ロボット「BionicOpter」

海外軍事
空圧機器の技術を生物の動きに応用し、過去に飛ぶ鳥の動きを再現した「スマート・バード (Smart Bird)」や、「空飛ぶクラゲ (Air Jelly)」「空飛ぶマンタ (Air Ray)」を発表し、話題となったドイツを基盤とする空気圧機器の世界的メーカー、Festo AG & Co. KG (フエスト社) は新たに、トンボ型の飛行ロボット "BionicOpter" の飛翔時の動きを示した映像を公開した。ロボットの全長は、44 cm で、ウィングスパンは 63 cm、重量は 175 g。バッテリーは、2 LiPo セル、7.6 Volts で、スマートフォンによるワイヤレス操作を可能としている。ウィングはカーボンファイバーフレームと、ポリアミド、ターポリマーで構成され、薄膜がフレームを覆うように造られている。トンボの飛行特性は、ヘリによるホバリングや後ろ向きへの動き、飛行機やグライダーによる高速飛行、滑空などを併せ持っていることから様々な分野でその活用が注目されてきた。BionicOpter では、生物の中でも極めてユニークな飛行特性を持つトンボの動きを、13 箇所の自由度を持たせ、80~130°の角度で 4 枚の翅を 9 つのサーボモーターによって制御し、各種センサ類の搭載によって飛行パラメータを瞬時に解析するなどで再現している。

FESTO 2013/03/28
BionicOpter Brochure
About BionicOpter

過去の「トンボ型無人機」関連記事:
空中での静止能力と高速での飛行性能を活かしたトンボ型ドローン


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop