Virtuix Omniの登場で家庭用ゲームも楽ではない?!

ビデオゲーム Comments(0)

Virtuix は、VR (Virtual Reality : 仮想現実) アプリケーション用ナチュラル・モーションのインターフェース "Virtuix Omni" を使った FPS ゲーム試遊の様子を YouTube チャンネルに掲載した。傾斜のある八角形をしたルームランナーのような全周囲対応のトレッドミル (treadmill) と、VR 用ゴーグルの着用、銃器の形をしたワイヤレス・コントローラーを用いることで、家庭の中で体を動かしながらシューティングゲームを楽しむことができる。現在は PC を使ったデモの様子となっているが、PlayStation や Xbox などコンソールに関わらず対応できるようになる予定。5 月にキックスタートキャンペーンを展開予定とし、価格は 400 ~ 600 ドルを目指すとしている。

Virtuix Omni 2013/04/18, 2013/02/18

過去の「VR ゲーム、シミュレーター」関連記事:
バーチャルリアリティーを使ったVIRTSIMの訓練映像が更新
レイセオン:仮想現実を使った訓練システム「VIRTSIM」


同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事画像
特集:カプコン「Black Command」第3回~「ゲーム化」された現代の戦闘
『Tom Clancy's The Division』に登場したあのグレネードがエアソフト仕様でプレオーダー開始
特集:「BLACK COMMAND」民間軍事会社を題材にした新作スマホゲームの世界観を徹底解説
オンラインタンクバトル『World of Tanks』の最新作「Mercenaries(マーセナリーズ)」がリリース開始
首都ワシントンDCに舞台を移した「ディビジョン2」予告編動画が公開
最大99人とバトルロイヤル。マルチプレイFPS『Fear the Wolves』のトレーラーが初公開
同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事
 特集:カプコン「Black Command」第3回~「ゲーム化」された現代の戦闘 (2018-09-18 17:07)
 『Tom Clancy's The Division』に登場したあのグレネードがエアソフト仕様でプレオーダー開始 (2018-09-04 10:33)
 特集:「BLACK COMMAND」民間軍事会社を題材にした新作スマホゲームの世界観を徹底解説 (2018-08-21 14:49)
 オンラインタンクバトル『World of Tanks』の最新作「Mercenaries(マーセナリーズ)」がリリース開始 (2018-06-27 11:51)
 首都ワシントンDCに舞台を移した「ディビジョン2」予告編動画が公開 (2018-06-18 22:32)
 最大99人とバトルロイヤル。マルチプレイFPS『Fear the Wolves』のトレーラーが初公開 (2018-06-12 20:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop